topphoto

はじめに

 2020年7月、ニュージーランド政府の第一次産業省が、ニュージーランド産のハチミツからグリホサートが検出されることをまとめたレポートを発表し、話題となりました。

 偶然にも、ちょうどこの発表とタイミングが重なるように、私どもの施設に、「日本で採取、瓶詰めされたハチミツについてグリホサートの残留検査をお願いしたい。」という依頼があり、検査を行いました。

 その結果、検査依頼のハチミツ1検体からグリホサートの検出が認められました。日本産のハチミツであっても海外の事例同様、グリホサートが検出される可能性があるようです。このレポートは、検査依頼者さまのご協力を得まして、その結果を紹介するショートレポートです。

分析方法などについて

HPLC

結果

honey_bottle

 表1に示すように、検査品からグリホサートが、「痕跡」検出されました。

表1 日本産ハチミツのグリホサート残留調査結果2019
No. 商品名 地域 分析結果(ppm) 食品衛生法の残留基準値(ppm)
1 日本産ハチミツ - グリホサート 痕跡

一律基準
(0.01)

考察と補足

資料:ニュージーランド政府のハチミツのグリホサート調査レポートについて

ニュージーランド政府のレポート

関連リンク

ニュージーランド第一次産業省:New Zealand National Chemical Residues Programme Report

テレビジョン・ニュージーランド:Weed-killer glyphosate found in New Zealand’s manuka honey

分析センター調査:大量死したミツバチの農薬暴露調査とはちみつ中の残留農薬調査2020

有機農業ニュースクリップ(2020.07.30, No.1048):NZハチミツの2割からグリホサートを検出

Yahoo!Japanニュース:新型コロナで人気沸騰の高級蜂蜜から発がん性疑惑農薬

EHSA JOURNAL:The 2016 European Union report on pesticide residues in food

モンサント社:グリホサートの有益性と安全性(PDF)

農民連食品分析センター:みつばちかだんプロジェクト

ハチミツの検査相談に対応しています

学校給食パンのグリホサート残留調査ハチミツに残留する残留農薬分析についての検査相談に対応しています。ネオニコチノイド系農薬のほか、除草剤グリホサートなど、さまざまな農薬成分について検査を行っています。

検査の納期は、概ね1週間程度です。お急ぎの場合は、緊急での対応も可能な場合があります。検査に必要なサンプル量は、50g程度から対応が可能となっていますが、ご用意が難しい場合は、直接、状況などをお伺いできれば、サンプルの状態などに応じて、対応が可能な場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。(詳細

募金と調査協力のお願い-分析センターサポーター会員の募集中

サポーター会員

 1996年の設立以来、私たちの調査活動は、募金で運営されています。正直なところ、私たちの活動に必要な財政は厳しいところにあります。消費者や農民の立場に立った活動を続けていくためにも、みなさんからの支援が欠かせません。

 分析センターを支援していただく会員「分析センターサポーター会員」の募集を開始しています。年会費一口5,000円以上で、サポーター会員になることが出来ます。私たちの活動を支えてください。よろしくお願い致します。

分析支援募金と募金分析センターサポーター会員登録のページ

より詳しく情報を知りたいときは

 まず以下までお電話をください。

農民連食品分析センター
TEL:03-5926-5131
FAX:03-3959-5660
Email power8@nouminren.ne.jp