トップイメージ

ネオニコチノイド系
農薬一斉分析


検査概要と分析費用について

lcmsms

 ネオニコチノイド系農薬は、蜂群崩壊症候群など自然環境への影響や、人体危害の可能性などが議論されており、海外では使用禁止や監視強化などの動きがあります。一方、日本では高齢化が進む農村での省力化や大型化する現場でのコストダウンが求められる情勢にとって、メリットが大きいとして、ネオニコチノイド系農薬を栽培に取り入れる動きが進んでいます。食品衛生法でも、これら薬剤の基準値を緩和するなどの動きが続いており、世界とのギャップが生まれている農薬と言われています。

 日本の農業の現場において、広く使用されるようになったネオニコチノイド系農薬は、今後、その使用、管理、残留について品質管理や監視が動きが進められると考えられます。この度、募金により導入できたLC/MS/MSを用い、ネオニコチノイド系農薬の分析受付を開始しました。超高速トリプル四重極型LC/MS/MSの性能により、高精度、高感度での検出が可能となっています。

 農産物はもちろんその加工品などの食品全般のほか、土壌、水などの環境物質、ほかに畳などの内装材などにも対応します。 試料受領後、7〜10日間程度で、分析報告書がお手元に届きます。お急ぎの場合は、お電話にてご相談ください。試料到着後、2~3日程度で、速報をお伝えすることも可能です。

 分析費用は、検査終了後、郵便払込または銀行振込でのお支払いとなります。分析報告書と同封で送られる請求書の金額をお支払いください。なお、募金の同時払い込みも歓迎しております。

区分 1検体あたりの価格
農民連会員(?) 12,000円(税別)値下げ
募金協力会員(?) 18,000円(税別)値下げ
一般価格(?) 24,000円(税別)値下げ

*消費税別、検査費用の払込手数料はご負担ください。私たちの施設は、募金により設立されています。活動の趣旨をご理解のうえ、ご利用と応援をお願いいたします。

分析条件について

lcmsms

 イオンネオニコチノイド系農薬の条件は以下の通りです。

 

ネオニコチノイド系農薬分析成分リスト

 現在、ネオニコチノイド系農薬一斉分析で対応している成分名は以下の通りです。本試験では、以下の7成分すべてを一斉分析します。
 なお、同じ成分名でさまざまな商品名があります。農林水産省が公開する農薬登録情報提供システムから、代表的商品名をピックアップした表を以下に作成しましたので参考にしてみてください。

No. 農薬名
(成分名)
代表的商品名 成分名(英名)
1 クロチアニジン
クロチアニジン
フルスウィング、ダントツ系、ハスラー系、モリエート系、ベニカ系、プロパック、オルトランDX粒剤、ワンリード、キクゾー、ベニカケムシエアゾール、ツインターボ、箱入り娘、ガーディアンアシスト、サイクルヒット、トライ、トライ2、箱王子、カイガラムシエアゾール、チームワーク、ボクシー、マッキーノ、スタウトパディート、箱大臣など。 Clothianidin
2 ジノテフラン
ジノテフラン

スタークル系、アルバリン系、イッカツ系、ワイドナーエース、トレボンスター系統、わさび用緑風SG、サジェスト微粒剤F、アントム顆粒水和剤、キックオフ顆粒水和剤、スターガード系、ワッショイ粉剤DL、アトラクトン箱粒剤、スターダム箱粒剤、ロングリーチ箱粒剤、スケルカット、スケルノック、オールスター、ウッドスター系、ウッドセーバー、ハイポネックス原液(殺虫剤入り)、ハイポネックス原液(プラス殺虫剤)、ガッツスター、ゴウケツモンスター粒剤、サントリプル箱粒剤、ハイパーキック箱粒剤、ゴウケツバスター箱粒剤、サンフェスタ箱粒剤など。

Dinotefuran
3 ニテンピラム
ニテンピラム
ベストガード系、ベスト系(パダンベストなど)、ベストガード系など。 Nitenpyram
4 イミダクロプリド
イミダクロプリド
アドマイヤー系、ブルースカイ系、ガウチョ系、タフバリア系、フルサポート系、パワーリード系、アースガーデン、ワークワイド顆粒水和剤、リードックフロアブル、キラップAD粒剤、ルーチン系(ルーチンアドスピノなど)、ガードナーフロアブル、タフスティンガーフロアブル、シャリオ箱粒剤、エバーゴル系(エバーゴルフォルテ箱粒剤など)など。 Imidacloprid
5 チアメトキサム
チアメトキサム
アクタラ系、クルーザーFS30、リーズン顆粒水和剤、ビートルコップ顆粒水和剤、カダンスプレーEX、アトラック液剤、デジタルメガフレア箱粒剤、ガーディー系、カダンプラスDX、花華やか、ジュリボフロアブル、キープレイヤー、花色彩、クルーザー系、デジタルメガフレア箱粒剤、ツインアタック顆粒水和剤、ミネクトデュオ粒剤など。 Thiamethoxam
6 アセタミプリド
アセタミプリド
モスピラン系、イールダー、カダン殺虫肥料、マツグリーン液剤、レインボーフラワー系、モストップジンRスプレー、マイテミンスプレー、ダイリーグ粒剤、アベイル粒剤、イマージ液剤など。 Acetamiprid
7 チアクロプリド
チアクロプリド
バリアード系、エコワン系、ブイゲット系など。 Thiacloprid

よくある問い合わせ

サンプル量はどのぐらい必要ですか?

 検査に必要なサンプル量は、原則1kgとしていますが、一般的な農作物の場合、最小パッケージ相当の200g前後から対応しています。

サンプルをたくさん用意することができないんですが...

 大葉やゴマ、濃縮エキス、乾燥野菜パウダーなどのようにサンプル量を確保するのが難しい場合は、ご相談ください。こちらで作業の調整を行い、少量からの検査に対応できるように致します。

加工食品もできますか?

 一般的な加工食品の検査に対応しています。私たちの検査品のかなりのものが加工食品です。お気軽にご相談ください。(エタノール抽出エキスなどは困難な場合があります)

調べたい農薬が上記のリストに見つからないのですが...

 上記リストに見つからない農薬はお問い合わせください。また農薬の成分名と商品名は混乱してしまう場合が多いので、細かい文字が読みにくい、や、よくわからない時には、検査希望をされる農薬のリストをこちらにFAX(03-3959-5660)またはメールでお送りいただければ、対応状況についてご回答いたします。

検査が終わったあと、検査に送った土壌サンプルが戻ってきたのですが?

 土壌、堆肥、原木などのサンプルは、私たちの試験施設の保管場所に制限があること、東京都内での処理や廃棄が難しいことなどの事情があり、申し訳ありませんが、保管期間を終了後、ご依頼者様に着払いで戻させていただいております。どうぞご了承ください。

結果が出るまでどのぐらいかかりますか?

 通常、お手元に報告書・成績書が届くまで7~10営業日程度となります。結果のみ、すぐに確認したい場合は、一度お問い合わせください。結果について、暫定的なお知らせができることもあります。

とにかく急いで結果が欲しいのですが...

 営利目的で、特にお急ぎの場合は、特急検査コースがありますので、ご相談ください。その他、非営利目的の場合では、ご事情を伺いして、対応を致します。

分析依頼をしたいのですがどうすればよいですか?

 まず、03-5926-5131までお電話ください。打ち合わせなしで、試料を送られた場合は、混み合っているなどの理由で検査ができないことがあります。受け入れ打ち合わせ後、分析依頼書(リンク)に必要事項を書いて頂き、FAX(03-3959-5660)にてご送付ください。資料送付の際は、その分析依頼書を同封して送ってください。

分析依頼書

*PDF形式ファイルです

 

困ったときは

まず以下までお電話をください。お話を伺い、私達で解決できるかどうか相談に乗らせていただきます。お近くの方は直接こちらまでお越しください。受付で入館許可申請後、お話を伺いします。

農民連食品分析センター
TEL:03-5926-5131
FAX:03-3959-5660
Email power8@nouminren.ne.jp