Apr 19, 2006

Mac OS XでVideo Podcastingを始めよう

 時代はとうとう個人で放送局が出来るところまでやってきました。自慢のギターに歌声に、観光案内、お笑いコント、連続ドラマ...そんな芸能活動はもちろん、商品CM、ニュース、ドキュメント、講義...ありとあらゆる情報を、ビデオやオーディオで定期的に配信する人たちが増えているそうです。むむむむ、Podcast、Video Podcast...自分もやってやろう!なんて思うこともあるわけです。

 ここでは、オープンソースのWeblogシステム「P_BLOG」のversion 1.1を利用して、Mac OS X(TigerやPanther)でPodcastingを実現する方法を考えていきます。また、P_BLOGで配信するPodcastをアップルさんのiTunes Music Storeに登録する設定についても考えていきます。

 なによりオーディオやビデオメディアの受信、配信を手軽に、そのうえここれほどまで簡便に持ち歩けるようにまでしてくれたのはApple社の製品、iPodとフリーウェアiTunesでした(QuickTimeの素性のよさがあることはいうまでもなく)。ここではいっちょう、このムーブメントにのっかってみるのは面白いとおもいます。




こんな風にiTunes Music Storeに登録も


この作業をする前にもちろん

をすませている必要があります。




概要




必要なもの

  • Mac(Mac OS Xを搭載しているもの)
  • miエディタ(http://mimikaki.net/)
  • P_BLOG ver 1.1以上(P_BLOG : Project)
  • QuickTime 7
  • クレジットカード
  • ビデオや音楽ファイル
  • やる気
  • プライバーシーへの配慮
  • オープンソースコミュニティへの感謝
  • セキュリティーへの配慮
  • インターネットを構築してくれた方々への畏敬の念


プライバシーへの配慮
 著作権、肖像権の問題です。映画やテレビのように著作権のある映像や誰かのプライベートな画像を自分で作ったサーバーで公開することはいけないということです。あなたはよくても多くの人が困ることになるかもしれません。もちろん制作したあなたが「愛娘-5歳、初めてのおつかい-」というホームビデオを公開するのなら、それほど問題はないでわけですが、それでも、流出した映像がいつか何か問題を起こすかもしれません。




P_BLOGにビデオ/オーディオをアップロードする

 まずはP_BLOGにログインし、配信したいビデオファイルをアップロードします。なお、配信する動画の作成方法はこのページ中程ニ一例をあげておきますので参考にしてみてください。

  1. http://あなたのBLOGまでのアドレス/admin/login.phpを開いてログインします。





  2. ログイン後、メニューから新規ログをクリックして、新しいログを作成します。



  3. タイトル、カテゴリ、本文を入力します。



  4. 下の「画像等をここへアップロード」から配信したいビデオ/オーディオファイルを選択します。なお、P_BLOGで標準で選択できるのは、mp3, m4a,mov形式のようです。(iPod Photo等に推奨とされているm4v形式はこれからサポートの予定だそうです、とりあえずの対応方法はページの一番下においておきますので参考にしてみてください)。

    ファイルを選択ボタンを押して...


    配信したいビデオファイルを選ぶ。


  5. ファイルを選ぶと、いままでimgだったところが、Podcastにかわります。



  6. Podcastボタンを押します。




  7. ログ内に、Podcast用のタグが挿入されます。



  8. あとはプレビューを押して、ログの仕上がりを確認し、公開をするだけです。

    プレビューをポチッと押して...


    仕上がりを確認したら、


    いざ公開!


  9. 無事公開されれば終了です。



  10. PodCastであるマークが表示されます。



    おおおーーーーー!!


  11. クリックで動画がみられます。




iTunesで動作確認

 Podcastはただweb上に動画をおいてあるだけではありません。視聴者に更新があることを自動的に伝えることができるところに最大のメリットがあります。この機能の実現に、P_BLOGではRSS2.0を利用しています。
 あなたの番組の視聴者に、iTunesにRSS2.0アイコンをドラッグアンドドロップしてもらいます。そうすることで、あなたがブログで新しい番組の配信を始めたとき、視聴者のiTunesには自動的に更新、表示されるようになります。ラクチンです。

  1. P_BLOGの右下にRSS2.0というアイコンを探します。



  2. これをドラッグアンドドロップでiTunesに放り込みます。


    どっこいしょっと...


  3. Podcastに登録がされます。

    正しく表示されればRSS2.0が正常に動作していることになります。友達にも追加してもらい確認してみてもらいましょう。


  4. 視聴者にこの操作をやってもらわないといけないところが、ちょっと厄介ですが、一度やってもらえれば、視聴者は自動的にiTunesで追加されたことを確認することが出来るようになります。


  5. P_BLOGでVideo Podcastingについては、ここで終了です。ここから下に書かれていることはほとんどがおまけですので、興味のある人は参考にしてみてください。

    おつかれさまでした。





iTMSに登録 Step1-P_BLOG_RSS.class.phpの編集-

 せっかく作った番組は、たくさんの人に聞いてもらったり、見てもらったりしてはじめて生きてくるんじゃないかと思います。それが、次の創作意欲につながりますし...。

 Podcastの本丸、iTunse Music Store(iTMS)には世界中のPodcastが登録されています。ここに自分のPodcastを登録すれば、たくさんの人に見てもらうきっかけを作ることができるとおもいます。

 P_BLOGver1.1は、RSS2.0をちょっといじってあげるだけで、iTunes Music Storeに適合したRSS2.0を出力できるようになります。あとはあなたが、クレジットカードを持っていて、iTMSにアカウントを持っているなら、簡単に登録をすることができます。

  1. P_BLOGの中にある"rss"フォルダを探します。




  2. rssフォルダを開くと、中に"include"フォルダがありますので、開きます。



  3. なかからP_BLOG_RSS_class.phpファイルをさがします。これをこれから編集していきますが、編集の失敗があるかもしれません。失敗に備え、このファイルは、編集に取りかかる前に、必ずどこかにバックアップしておきます。



    忘れずにどこか安全な場所にバックアップしておきましょう。キーボードのoptionキーを押しながらドラッグアンドドロップすればコピーになりますので...。


  4. miなどのエディタで開きます。




  5. 197行目まで移動します。



  6. 199行目に次の文章を追加します。

    xmlns:itunes="http://www.itunes.com/dtds/podcast-1.0.dtd"


    こうなっているのを...


    一行改行して...


    追記する


  7. 次に211行目まで移動します。



  8. 212行目に次の文章を追記します。ただし、なぜか日本語だとうまくいきませんので、かならず英語で入力してください。原因はよくわかりません。
    また <itunes:image href=で始まるタグの部分のiTMSで表示される画像へのURLは次のステップでやりますので飛ばしてもかまいません。

    <language>ja</language>
    <copyright>ここに著作者の名前を入れます</copyright>
    <itunes:subtitle>ここにポッドキャストのサブタイトルを入れます</itunes:subtitle>
    <itunes:author>ここにアーティストの名前を入れます</itunes:author>
    <itunes:summary>ここにはポッドキャストの概要を書きます</itunes:summary>
    <itunes:owner>
    <itunes:name>所有者名を入れます(一般には表示されないです)</itunes:name>
    <itunes:email>所有者のアドレスを入れます(一般には表示されないです)</itunes:email>
    </itunes:owner>
    <itunes:image href="ここにはiTMSで表示される画像へのURLを入力します" />
    <itunes:category text="分類したいカテゴリーを入力します。">
    </itunes:category>



    こうなっているのを...


    こうして一行改行して...


    こんな具合に、貼付けて、中身を自分に合わせて変更します。


  9. 変更がすんだらファイルから保存を実行します。ファイルを閉じます。



  10. これでP_BLOG_RSS.class.phpの編集は終了です。おつかれさまでした。


  11. 上記ではiTMSに登録するのに必要と思われる最低限のタグだけを入力してあります。より詳しいタグや技術的な問題、質問などはApple社のページを参考にしてみるとよいかと思います。特にタグについては技術仕様をよくよんでおくことをおすすめします。

    PodcastingとiTunes:良くお問い合わせいただくご質問
    PodcastingとiTunes:技術仕様



iTMSに登録 Step2-メイン画像の用意-

 iTMSにかっこ良く、そして人の目を引くようにするならちゃんとしたトップ画像を用意した方がよいと思います。前のステップにあったタグ、「<itunes:image href="ここにはiTMSで表示される画像へのURLを入力します" />」に相当する場所に画像を用意しておけばよいだけです。

 ここではP_BLOGのresourcesフォルダに画像を用意しておく手順を紹介しておきます。



何も用意していないとこんな画像が表示される。一人でさびしい。


  1. 画像は300x300px以上で、正方形。jpegもしくはpng形式でないといけないようです。

    このぐらいの大きさになります。


  2. 画像が出来たら、直接P_BLOGのresourcesフォルダにドラッグアンドドロップするか、P_BLOGにログインして、「新規ログを作成する」、または「ファイルから画像をアップロードロする」のどちらかを行います。どちらで行っても結果は同じですので、好きな方でいいと思います。

    用意した画像を手動でresourcesフォルダに直接、画像ファイルをいれるか、



    ファイルアップロードからresourcesフォルダにいれるか


  3. resourcesフォルダへの配置が終了したら、あとは前のステップに戻って、P_BLOG_RSS.class.php内に追記した、itunes:imageタグの部分にURLを入力します。URLは以下のようになるはずです。

    http://あなたのサーバーのP_BLOGまでのアドレス/resources/画像の名前


    たとえば

    http://mydomain.ddo.jp/~namahage/myblog/resources/itms_icon.png

    のようにです。


  4. 正しい大きさで画像が作成できて、P_BLOG_RSS.class.phpへの入力が出来たらこれでP_BLOG側での設定はすべて終了になります。つぎはいよいよiTMSへの登録にすすみます。



iTMSに登録 Step3-フィードの登録-

 iTMSにP_BLOGのフィードを登録します。入力をするだけですので簡単です。ただしここからの作業には、クレジットカードとiTMSのアカウントが必要になります。クレジットカードを持っていない人は残念ながらあきらめるしかないようです。

  1. iTMSのPodcastのページに進み、真ん中にある「Podcastを公開する」をクリックします。よくわからないという人は以下のURLをクリックしてください。

    iTMSのこんな画像があるところをクリックします。

    iTunesディレクトリにPodcastを送信する


  2. iTunesが動き出して、以下のような画面が表示されます。



  3. 「Podcast フィードURL」に自分のブログのフィードを入力します。iTMSで配信に使えるP_BLOGのフィードは「RSS2.0アイコン」のところのリンクです。

    これを右クリック(またはcontrolキーを押しながらクリック)するとメニューが出るので....



    「リンクをコピー」を実行します。



    そして、URLのところにペーストします。


  4. 続けるをおして先に進みます。



  5. サインインするためのダイアログが出ます。すでにアカウントを持っているなら入力をします。もっていないのなら、アカウントを作成します。



  6. ここから先はクレジットカード情報や個人情報を含む内容になってきますので割愛します。それほど難しいことはありませんでした。カード情報などを入力し、あとはこれから公開するPodcastの分類などを指定して終了になります。



iTMSに登録 Step4-待つ-

 iTMSに登録が完了しても、すぐにiTMSに表示されるという訳ではないようです。内容に問題がないかチェック(!)されてから公開されるようです。

処理待ち
Podcastの送信すると、処理待ち状態になり、iTunesの担当者が問題がないか確認します。以下のような理由により、Podcastの公開が拒否される場合があります。


 という、記述がありました。なので気長に待つ必要もあります。とりあえず、登録がすむと、まもなくして手元に、進行状況を伝えるメールが手元に届くようになります。その中身は英語で、「うへー」な具合ですが、難しい内容のものではなく、「レビューを待っています」というものです。

 続いて、二通目が到着します。もし配信している動画に問題がなければ、「あなたのPodcastは公開されました。公開に必要な情報を追加してください」のような中身のものが届くはずです。このメールがつくということは、あなたのPodcastはiTMSに登録されたことになります。

 iTMS内をうろうろしてちゃんと希望のところに登録されたかを確認してみるとよいかと思います。

 なおiTMSのトップページにある特集コーナーなどに紹介されるには以下の条件がそろわないといけないようです。

iTunesで特集されるPodcastの要件は以下の通りです。
1. 画像。画像の仕様については、以下の「iTunesのRSSタグ」を参照してください。
2. しっかりとした正確な表現。
3. 言語、カテゴリー、露骨な表現の有無の設定が適切であること。
さらに、新しいエピソードが定期的に更新されている必要があります。最初のエピソードでPodcastを特集する場合もありますが、通常は3つ以上のエピソードがあり、最新のエピソードが1か月以内に追加されていたPodcastを特集しています。


とあります、がんばりましょう。



おまけ-配信する画像のフォーマット-

Podcastで配信するのに推奨されているフォーマットは.m4a、.mp3、.mov、.mp4、.m4v、.pdfだそうです。これ以外のフォーマットは標準から外れることになりますので注意がいります。また、P_BLOGでサポートしているフォーマットは、mp3, m4a, movです。

特にビデオに関しては次のような指定があるそうです。

H.264ビデオ
ファイルフォーマット:.m4v、.mp4、.mov
ビデオ::最大768kbps、320x240、30フレーム/秒(fps)、Level 1.3までのBaseline Profile
オーディオ: :AAC-LC(最大160kbps)、48kHz、ステレオ

MPEG-4ビデオ
ファイルフォーマット:.m4v、 .mp4、.mov
ビデオ:最大2.5Mbps、480x480、30フレーム/秒(fps)、Simple Profile
オーディオ:AAC-LC(最大160kbps)、48kHz、ステレオ




いろいろとなんだか難しそうですが、一番簡単なのはiMovieから書き出す方法です。ふさわしいフォーマットのファイルを作るにはいろいろな方法があり、説明にきりがないので、とりあえず、ここではiMovieを使用した、そこそこ無難な方法をあげておきます。

  1. iMovie HDを起動させます



  2. メニューのファイルから「共有...」を選びます。



  3. 共有の設定をするダイアログが開きます。右から2番目の「QuickTime」を選択します。



  4. ムービーの圧縮形式から「詳しい設定」を選択したら、「共有」ボタンを押して先に進みます。



  5. 保存ダイアログが出るので、適切な名前を付けておきます。英語の名前にしておいた方がよいです。保存場所も指定しておきます。ここではとりあえず、デスクトップに保存されるようにしておきました。




  6. 書き出しのところをクリックして形式を選択します。ここではとりあえず無難に「ムービーからQuickTimeムービー」を選択してみます。

    もちろん上記で記述したフォーマットの範囲内ならMPEG4でもかまいません。
    ただQuickTimeのH.264は圧縮に時間がかかることをのぞけば、驚くほどきれいです。小さいファイルなのに...。


  7. 形式の選択がすんだら、つぎは「出力」を選択します。




  8. ここで選択できるのは出力形式はいくつかありますが、iPod Photoで見る場合などを考えると、とりあえず「ブロードバンド-中速」を選択しておけばオーケーだと思います。



  9. 「ブロードバンド-中速」は、ビデオの圧縮形式がH.264, フレームレートが15, ビットレートが220kbpsで、オーディオの圧縮フォーマットがAAC, サンプルレートが32kHz, ステレオ, 80kbpsとなっていますので、アップルの推奨フォーマットの範囲内に収まります。 画質や音声に納得できないような場合は、「オプション」を押してあれこれいじってみるとよいと思います。




  10. あとは保存を押すだけ。すぐに圧縮が始まります。





  11. 圧縮が完了するとファイルが出来上がっているはずです。



  12. あとははじめにやった手順で、P_BLOGに新規ログとして、アップロードすれば完了です。

    アップロードすれば完了。


  13. BLOGから再生できるか、ためしにクリックしてみます。

    クリック。


    無事再生できればオッケー。


  14. これで動画の作成については終了です。



おまけ-iPodに最適化したビデオフォーマット.m4v形式で書き出す

 QuickTime7以降にはiPodに最適化したフォーマットで出力できるようにメニューが加えられています。これを利用すると難しい操作なしで、iPod Photoなどに最適化された映像を作成することが出来ます。

  1. iMovie HDなら「共有」から、QuickTime Proからなら「書き出し」で行います。このときに、書き出し形式を「ムービーからiPod(320x240)」を選択します。この形式で書き出すとiPodでの再生に最適化することができます。選択したら保存を押して実行します。

    iPod用のフォーマットを選ぶ...


    名前のところの拡張子が.m4vにかわっているところに注目。


  2. あとは保存を押すだけ。すぐにiPod用の圧縮が始まります。






  3. 圧縮が完了するとファイルが出来上がるはずです。



  4. あとはこれをはじめにやった手順で、P_BLOGに新規ログとして、アップロードすれば完了です。

    アップロードすれば完了。




  5. ただし、「ムービーからiPod(320x240)」で書き出される「.m4v」というファイルはちょっと厄介なことがあります。iTunesなどから、.m4vというファイルを直接開く場合は問題はないのですが、Safariなどのブラウザから開こうとすると、ファイルを正しく扱えずに文字化けの画面になり、なおかつ、この大きな動画ファイルを文字化けのまますべてダウンロードするまで、うんともすんともいわなくなってしまいます。

    うわーーーーーー。意外と不評...。


  6. Safariなどのブラウザが.m4vを正しく扱えるようにする設定もあると思いますが、これはそのうちAppleさんがなんとかしてくれるまで待つとします。iTunesで動画を受信しているユーザーにはどこ吹く風ということになりますが、ブラウザでの視聴者さんを大事にするなら、m4v形式のファイルはさけておいた方がよいかもしれません。



  7. なお、P_BLOGはm4v形式へのこれkら対応するとのことでした。とりあえずの対策をこのページの下にあげておきます。



おまけ-Windows95, 98, Meユーザーに対応する

  1. Windows95, 98, Meユーザーも視聴者の対象にいれる場合は、これらのユーザーにはQuickTime7が用意されていません(QuickTime6.5xまで)。もちろんiTunesの提供もありません。このため、QuickTime7からサポートされたH.264形式でビデオを圧縮したものは、見ることが出来なくなってしまいます。もしこうしたユーザーにも動画を見られるようにしたいのなら、多少の画質劣化や、ファイルサイズの増加には目をつぶって、MPEG4での書き出しをするとよいと思います。


    書き出しにMPEG4を選択...


    「ブロードバンド-中速-」を選択します。


    を押して...


    ビデオのフォーマットをH.264から「MPEG-4 高品質」にしてOKを押します。


    保存をおして終了


  2. MPEG4でなければ、あとはQuickTime形式で圧縮形式をH.263にする方法もあります。この場合は細かい設定をよく考えないといけません。



おまけ-Podcastのアップデート-

 通常、iTunesは起動したとき、登録してあるPodcastが更新されていないかを自動的にチェックしてくれます。なので、特に更新を確かめたりする操作はいりませんが、今すぐに自分の手で更新があるかないかを確かめたい場合もあるとおもいます。たとえばいまBLOGで新しく配信したビデオやオーディオ(エピソードという)が、ちゃんとiTunesで表示されるかなぁとおもったりすることもあるわけです。

  1. iTunesを起動してPodcastを開いたら、更新したいPodcastをcontrolキーを押しながら(または右クリック)してメニューを出してアップデートします。

    アップデートをすると...


    くるくる回ってアップデートが始まります。



    無事追加されるとオッケーです。


  2. ちょっと余談になりますが、iTMSでは登録内容の更新が一日一回だそうです。なので新しい映像(エピソードという)をアップロードしてもすぐには反映されません。なので、iTMSのリストをすばやく更新したいという場合は、以下のURLをSafariに入力し、実行します。すると、数時間後には更新がされているようになります。
    「ブログのRSS2.0のURL」には自分のブログのRSS2.0のURLをいれます。

    https://phobos.apple.com/WebObjects/MZFinance.woa/wa/pingPodcast?feedURL=ブログのRSS2.0のURL




おまけ-P_BLOGをm4vに対応させる-

 P_BLOGはまだ.m4v形式の配信には対応していないようです。なので.m4v形式の動画をP_BLOGにアップロードすると、何も表示されなかったりとして、「あれ?」とびっくりします。

 次期バージョンには対応する予定とのことでしたが、作者のkazさんから、とりあえずの対応方法を対策をお教えいただいたのでまとめておきます。

  1. P_BLOGのrss/includeの中にあるP_BLOG_RSS_class.phpを開きます。なお、この作業をする前に失敗に備えてこのファイルをバックアップしておくことをお薦めします。



  2. 101行目に移動します。101行目には

    preg_match_all('/<!-- ?PODCAST=.*?.(mp3|m4a|mov|wav) ?-->/', $comment, $matches);

    と記述があります。これを以下に変更します。|は英語のエルじゃないです。キーボードのdeleteキーの隣にあるやつです。

    preg_match_all('/<!-- ?PODCAST=.*?.(mp3|m4a|m4v|mov|wav) ?-->/', $comment, $matches);



    これを...



    こう追記する。


  3. つづいて120行めに移動します。ここも先と同様に追記します。

    preg_match_all('/<!-- ?PODCAST=.*?.(mp3|m4a|mov|wav) ?-->/', $comment, $matches);

    とあるのを...

    preg_match_all('/<!-- ?PODCAST=.*?.(mp3|m4a|m4v|mov|wav) ?-->/', $comment, $matches);

    こう追記。



    これを...


    こう追記する。


  4. あとは保存して終了です。これでP_BLOGにm4vファイルがアップロードできるようになっているはずです。


2MB以上のファイルをアップロードする

2MB以上のファイルをアップロードするときには必要になる設定です。
この場合はちょっとめんどうで、php.iniの修正が必要になります。取り急ぎメモだけ残しておきます。

php.iniはphpの設定が書かれたファイルです。
EntropyPHP4をインストールしている場合は/usr/local/php/libにおかれています。
EntropyPHP5をインストールしている場合は/usr/local/php5/libにおかれています。
php.iniのなかにはアップロードできるファイルサイズを制限する項目があります。これを変更するには、ちょっと心拍数が上がる作業をしなくていはいけません。手順は以下の通りです。

  1. システム環境設定からパーソナルウェブ共有を停止させる。
  2. Finderの「フォルダへ移動...」で/usr/local/php/libに移動する。(php5の場合は/usr/local/php5/libです)
  3. なかからphp.iniというファイルを探します。
  4. 見つけたらデスクトップにドラッグアンドドロップします(コピーになります)
  5. 失敗に備え、必ずもう一つphp.iniはどこかにバックアップをしておくと安心です。
  6. デスクトップにおいたphp.iniをmiなどのエディタで開きます。
  7. upload_max_filesize = 2Mという記載を探します。php4の場合は501行目、php5の場合は558行目にあると思います。
  8. ここの2Mという表記を自分の希望する最大ファイルサイズに変更します。
  9. 次に、post_max_size = 8Mという記述を探してください。ここも先ほどと同様、8Mの部分を大きくします。
  10. さらに、memory_limit = 8Mという記述を探します。ここも先ほど同様、8Mの部分を大きくします。
  11. ここの設定はmemory_limit > post_max_size > upload_max_filesize という関係が成り立つようにする必要があるのだそうです。
  12. 変更がすんだらファイルを保存します。
  13. 今編集したデスクトップのphp.iniを/usr/local/php/libに書き戻します。
  14. 認証を求められるのと、上書きするか聞かれますので、それぞれ対応します。
  15. 書き戻したphp.iniについてFinderから「情報を見る」を実行します。
  16. アクセス権を確認します。
  17. まずグループをadminに変えます。
  18. 次にオーナーをシステムに変えます。
  19. 情報を見るウィンドウを閉じます。
  20. システム環境設定からパーソナルウェブ共有をオンにします。

これで、2MB以上のビデオやオーディオをアップロードできるようになるはずです。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/trackback/tb.php?id=34
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comments in Forum

Discuss