Sep 23, 2005

Mac OS XのP_BLOGをアップグレードしよう

 待望のP_BLOG正式版1.0がリリースされました。細かいバグが修正されているそうで、これからP_BLOGインストールする人は正式版を使うことをおすすめしたいところです。正式版もインストールの仕方は今までのものと変わらないので、新しくインストールする人は「Mac OS XにP_BLOGをインストールしよう」を参考にがんばってみてください。
このページでは既にインストールされている古いバージョンのP_BLOGを新しいバージョンのP_BLOG(正式版1.0)にアップグレードするための手順を紹介しています。


必要なもの

  • Mac(Mac OS Xを搭載しているもの。ここは10.3.x(Panther)で進みます)
  • Safari(またはShiira, Firefox, Mozilla, Omniweb, iCab, Camino, InternetExploreなど)
  • Stuffit Expander(圧縮解凍ソフト)アプリケーションフォルダ>ユーティリティフォルダの中にあります。
  • やる気
  • オープンソースコミュニティへの感謝
  • セキュリティーへの配慮
  • インターネットを構築してくれた方々への畏敬の念



MySQLのデータをバックアップする。

万が一に備え、P_BLOGのデータを管理してくれているMySQLのデータベースをバックアップします。

なお、すべての作業はパーソナルWeb共有をオフにした状態ではじめることをおすすめします。




  1. Finderの移動から「フォルダに移動」をえらんで/usr/local/mysql/を入力します。






    MySQLフォルダが開きます。


  2. フォルダの中に通行止めマークの付いている"data"フォルダを探します。このdataフォルダを丸ごとデスクトップにコピーします。ドラッグアンドドロップでコピーできます。




    dataフォルダを見つけたら、デスクトップ、または自分のわかりやすいところにドラッグアンドドロップ。"MySQLバックアップ"というフォルダをつくって管理しておくとあとあと役に立つかもしれません。



    アクセス権の関係でこういうメッセージが出ますが、続けるを押します。



    管理者パスワードを入力すると...



    コピーできます。


  3. さらなる万が一に備え、このdataフォルダをアーカイブしておきます。キーボードのコントロールキーcontrolを押しながらクリック、もしくはマウスの右クリックから"アーカイブを作成"を実行します。

    メニューから"dataのアーカイブを作成"を実行すると、


    アーカイブされます。書庫化というか圧縮というかそういう意味です。


    "data.zip"という名前のファイルができあがれば完了です。

  4. P_BLOG以外でもMySQLを使用している人やphpmyadminの使い方になれている人は、phpmyadminのエキスポートからp_blogのデータを「エクスポート」する方法をお薦めします。



P_BLOGをバックアップする。

万が一に備え、P_BLOGも丸ごとバックアップしておきます。

  1. P_BLOGの入っているフォルダを開いて

    ここでは「Mac OS XにP_BLOGをインストールしよう」でやったとおり、名前がmyblogに変えてあります。



  2. P_BLOGを丸ごとデスクトップに移動します。



  3. さらに用心のため、P_BLOGを圧縮して保存しておきます。キーボードのコントロールキーcontrolを押しながらクリック、もしくはマウスの右クリックからアーカイブを作成を実行します。








  4. アーカイブがうまくいかないときがあります。これはresoucesフォルダ内に保存されている画像ファイルなどのアクセス権が原因です。resoucesフォルダ内にある画像等のファイルのアクセス権をすべて変更するか、resoucesフォルダの圧縮はあきらめて、P_BLOGフォルダの外に出してしまうかどちらかで対応します。どちらかの作業が済んだらSTEP3に戻ってアーカイブを実行します。


    圧縮できない場合がある。



    resoucesフォルダの中のファイルのアクセス権がアクセス不可になっているから。


    中のファイルをすべて変更するのは面倒なので外に出してしまいます。とりあえずこうするとP_BLOGフォルダはすんなり圧縮できます。resoucesフォルダの圧縮はあきらめます。可能ならあきらずに"Mac OS XにP_BLOGをインストールしよう"またはこのページの後半でやっている"resouces"フォルダのアクセス権の設定、"内包している項目に適用する..."を実行して、resoucesフォルダも一緒にバックアップしてください。めんどくさいといってもそれほどではありませんので。




P_BLOGのダウンロード

P_BLOG ProjectからP_BLOG正規版1.0をダウンロードしてきます。

  1. SafariでP_BLOG Projectにいきます。
    (クリックで拡大)


  2. 右のメニュー、一番上のDOWNLOAD The Lastest Versionをクリック。



  3. P_BLOGをダウンロードします。


  4. ダウンロードが終了すると Stuffit Expanderが自動的に解凍をはじめてくれるはずです。解凍が終わるとP_BLOGのフォルダができているはずです。





P_BLOGを設置する

  1. このP_BLOG_ver.1.0フォルダを元のP_BLOGがあった場所に移動させます。



  2. ドラッグアンドドロップした"P_BLOG_ver1.0"フォルダの名前を元つかっていた時の名前のもどします。ここでは"myblog"にもどしておきます。



    この名前が直接URLに反映されますので間違えのないように...。間違えるといままであなたのBlogを読んでくれていたお客さんがこられなくなってしまいますから...。



P_BLOGの復元と設定

古いP_BLOGから新しいP_BLOGに設定ファイルなどを復元してあげます。

  1. デスクトップに置いてある古いP_BLOGフォルダの中にある"include"フォルダを開きます。




  2. user_config.inc.phpを見つけます。



  3. このファイルを新しいP_BLOGフォルダに移動させます。ただし、P_BLOG ver1.1以降ではuser_config.inc.phpの中身が変わっていますので、P_BLOG ver1.0以前から1.1に移行する場合は、移動はしないでください。直接、あたらしいほうのuser_config.inc.phpと古い方のuser_config.inc.phpを開いて、その中身を見比べながら、適切に変更してください。



    置き換えるを選択します。


  4. 古いP_BLOGの中にあるresoucesフォルダを新しいP_BLOGフォルダに移動させます。




    ドラッグアンドドロップで、移動。


    置き換えるを押します。


  5. P_BLOGフォルダのなかにある"resources"フォルダとincludeフォルダの中にある"user_include/include"フォルダのパーミッションを設定していきます。まずは"resources"フォルダから...。



  6. "resources"フォルダを選んで情報をみます。




  7. infoウィンドウが開きます。



  8. 所有者とアクセス権を開きます。グループとその他のアクセス権を"読み込みのみ"から"読み書き"に変えます。さらに"内包している項目に適用する..."もいちおう押しておきます。

    これを


    こうかえる


    気にせず進みます。



  9. includeフォルダの中にある"user_include"フォルダも同様に設定を行います。これで設定は終了です。




P_BLOGのアップグレード

いよいよP_BLOGのアップグレードです。

  1. Safariを開いて、P_BLOGのSETUPを開きます。ここではP_BLOGはUsers/ユーザー名/Sites/myblog/においてありますので、http://127.0.0.1/~ユーザー名/myblog/setup/と入力します。なお、システム環境設定の「パーソナルWeb共有」やMySQLをオフにしている場合は、この作業に入る前に忘れずにオンにしときましょう。


    ここではMacのユーザー名がnamahageなので、http://127.0.0.1/~namahage/myblog/setup/を開きます。それぞれ自分の名前の置き換えて作業してください。


  2. とりあえず日本語を選んでおきましょう。




  3. STEP1でエラーがあった場合はエラーメッセージを読んで、もう一度、前のステップにもどってちゃんとセッティングができているか確かめます。




  4. STEP2に進みます。それぞれ必要な項目を入力していきます。
    ルートパスの設定です。ここでは/Users/ユーザー名/Sites/myblog内にP_BLOGがおかれていますので、入力欄には/~ユーザー名/myblog/と入力するのが正解です。間違ってもあとでいつでも直せますので気にせずいきます。





  5. ディフォルトの言語を選びます。Japaneseにしておきます。タイムゾーンも設定しておきます。





  6. ここが重要です。新規インストールではなく必ずアップグレードを選択します。あやまって新規インストールを実行してしまうと、MySQLのデータベースやテーブルを新規につくってしまい、いままで書き込んだブログのデータがすっきりとなくなってしまいます。



  7. STEP3に進みます。P_BLOGのステータスがほぼ黄色か赤色ですが、これはデータベースやテーブルを新しくつくらなかったことを意味している(んだとおもいます)ので、今までのデータはちゃんとのこっているという、むしろ安心できるステータスということになります。


    問題なくアップグレードできているとみてください。


    無事アップグレードできていたら次に進みます。


  8. STEP4です。アップグレードが完了したことを知らせてくれます。



  9. 今までつかっていたパスワードで、実際にログインしてみましょう。"Powered by P_BLOG ver.1.0"と表示されていればアップグレード成功です。






  10. これでアップグレードは作業は完了です。お疲れ様でした。万が一に備えてバックアップしておいた"古いP_BLOG"フォルダ、MySQLの"data"フォルダ、およびそのアーカイブはしばらくの間は捨てずに、どこかわかりやすいところに保管しておくことをおすすめします。




  11. 標準でついてくる以外の、プラグインやテンプレートをつかっていた人は忘れずに古いP_BLOGから移動させておきましょう。



動作確認

  1. ちゃんと投稿できるか確かめます。新規ポストからログを書いてみてください、ファイルをアップロードしてもよしです。


    ログを選んで新規ログを書きます。


    タイトルやカテゴリ、コメントを入力します。


    プレビューを押して、





  2. ここまでの動作に問題がなければ、"P_BLOG"フォルダの中にある"SETUP"フォルダを削除します。SETUPフォルダが残っていると、誰かがアクセスをして、何らかの方法でブログを削除したりしてしまうかもしれません。

    setupフォルダを丸ごと捨てます。




  3. これでP_BLOGのアップグレードは終了です。おつかれさまでした。


Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/trackback/tb.php?id=13
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comments in Forum

4 Comments