Sep 07, 2005

Mac OS XにphpMyAdminをインストールしよう

Panther tiger

phpmyadminlogo

MySQLはすごい高機能なデータベース環境な訳ですけど、それを使うユーザーの技術がないとおいそれと扱うことができません。ましてコマンドラインになれていない私では、いちいちドキドキものです。やっぱりGUIにたよりたくなるんですよ。phpMyAdminはMySQLをSafariなどのブラウザからあつかえるようにしてくれるすぐれものです。

このステップに進む前にphpMyAdminのインストールに進む前に、

自分のMacでホームページを公開しよう
Mac OS XにMySQLをインストールしよう
Mac OS XにEntropyPHPをインストールしよう

をすませておく必要があります。

MacOSXにphpMyAdminをインストールしておくと、この先いろいろと役に立つ環境をつくっていくことができます。ただしセキュリティには十分注意が必要です。



必要なもの

  • Mac(Mac OS Xを搭載しているもの。ここは10.3.x(Panther)で進みます)
  • mi
  • Safari(またはShiira, Firefox, Mozilla, Omniweb, iCab, Camino, InternetExploreなど)
  • Stuffit Expander(圧縮解凍ソフト)アプリケーションフォルダ>ユーティリティフォルダの中にあります。
  • MySQL(mysql-standard-4.0.25-apple-darwin7.9.0-powerpc.dmg)
  • EntropyPHP(PHP 4.3.11 for Apache 1.3)Mac OS X10.3/10.4用
  • phpMyAdmin(phpMyAdmin 2.6.4-rc1)
  • やる気
  • オープンソースコミュニティへの感謝
  • セキュリティーへの配慮
  • インターネットを構築してくれた方々への畏怖の念



phpMyAdminのインストール

MySQLのインストールはできましたけど、MySQLをターミナルでかしゃかしゃ扱うのはとても難しいことです。そこでMySQLを簡単に扱うことのできるphpMyAdminというソフトウェアをインストールするとらくちんになります。SafariとかでMySQLを使うことができるようになります。

  1. まずphpMyAdminをダウンロードします。





  2. 左のQUICK DOWNLOADSから"phpMyAdmin 2.6.3-pl1"をダウンロードします。zip形式のものを選んでおきます。




  3. 選ぶとSouceforgeに飛びます。そこからダウンロード先を選択します。どれでもおなじですが、無難にJAIST北陸あたりがいいと思います。近いですから。







  4. クリックすると画面が切り替わります。そのまま待っているとダウンロードが始まります。




  5. ダウンロードがすんだら"phpMyAdmin-2.6.3-pl1.zip"を解凍します。普通は自動的に解凍されるはずです。




  6. 名前を変えます。何でもいいです。ここではとりあえず無難に"phpmyadmin"とかえておきます。もちろん英語に限ります。




  7. これを/Library/WebServer/Documents/に移動させます。


    どっこいしょっと移動させます。





  8. "config.ini.php"という名前のファイルを編集していきます。(注意:phpMyAdmin2.7ぐらいからはconfig.default.iniという名前になっています。phpMyAdmin2.8ではphpMyAdminのlibraryフォルダのなかにあります)







  9. miなどのエディタで開きましょう。




  10. 開くと、こんな具合です。





  11. 39行目にある
    $cfg['PmaAbsoluteUri'] = '';

    を書き換えます。
    $cfg['PmaAbsoluteUri'] = 'http://localhost/phpmyadmin/';


    最後のphpmyadminの部分はStep6で決めた名前にしてください。


  12. 次に86行目にある
    $cfg['Servers'][$i]['password'] = ''; // MySQL password (only needed
    // with 'config' auth_type)





    $cfg['Servers'][$i]['password'] = 'MySQLのインストールSTEP22で設定したパスワード'; // MySQL password (only needed
    // with 'config' auth_type)



    を入力します。



  13. 入力がすんだら保存します。




  14. これでphpMyAdminのインストールは終了です。ためしに"http://localhost/phpmyadmin/"アクセスしてみるとよいです。





  15. 重要!このままphpMyAdminを使うとどこの誰だかわからない人に勝手に使われる可能性があります。だって、誰でもこのphpMyAdminにアクセスできちゃうんですから。なので、このページに勝手にアクセスされないように、パスワードでアクセスを管理する設定をします。.htaccesという方法でやります。
    .htaccessという設定ファイルをphpMyAdminをおいてあるフォルダの中に設置すると、ユーザーIDとパスワードなしではアクセスできないように設定できます。
    .htaccessという設定ファイルはMac OS X標準の状態(のApache)では使うことができません。そこでまずApacheの設定ファイル"httpd.conf"を編集して.htaccessを使えるように設定します。

    かならず.htaccessでphpMyAdminのアクセス制限をしようにすすんでアクセス制限を設定しましょう。

1 Trackback

MacOS10.5にphpMyAdminをインストールしてみた

MacOSXでサーバー稼業さんを参考にphpMyAdmin3.3.6をインストールしてみた http://www.phpmyadmin.net/home_page/downloads.phpにアクセス phpMyAdmin-3.3.6-all-languages.zipをクリック ダウンロードが始まります 自動的に解凍されるフォルダをデスクトップに移動 名前をph

From : Service Design Custom Note @ 2011-08-15 00:29:33

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/trackback/tb.php?id=10
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comments in Forum

64 Comments