カテゴリー : VideoPodCast

このカテゴリーの登録数:21件 表示 : 1 - 21 / 21

Apr 24, 2014

兵庫神戸港サンプリング&簡易試験 長期遠征2007-VideoPodCast-

ポスト @ 14:34:55 | VideoPodCast,レポート

. 調査隊ビデオロゴ2007

2007年5月5日、兵庫県神戸港で行った遺伝子組換えナタネ調査隊長期遠征編その5です。

動画自体は2008年冬に完成していましたが、公開するタイミングを逃してしまった後、ファイルの行方が一時不明になり、公開できずにいたものです。2007年の調査は,この神戸港で終わりになります。

まさか7年越しでのアップロードになるとは思いもしませんでした。
改めて動画を見ると、自分も若かったなぁ,としみじみしています。

今思えば,鹿児島まで随分タフな旅をしていたものだなぁと思います。
とにかく旅をして新しい調査地に向かいたい,全国の汚染状況をこの目で見て,共有できる形で記録しておきたいという想いが溢れていましたね。ポンコツバイクで,その道中は,いろいろと大変なことはありましたが,工夫や慣れを積み上げて,前に進んでいく調査は,どれをとってもたのしいものでした。

といっても,2年前まではまったく同じスタイルで調査をしていたわけですから,あまり懐かしむのも変な話ではあります。

ただ,はっきりといえるのは結婚で長期遠征調査は難しくなりました。
さらに,チビが生まれ,バイクの調査はもう無理かも知れません。
昨年は妻をなんとなく丸め込み,車での調査に切り替え,おこなっていますが,全ての対象港を回るのは無理でした。これまでのようなタイトな調査から,新しい調査に切り替えていかないといけなさそうです。

自分としてはそう遠くない日に,xx年後の各港の様子,として,再度調査ビデオを撮影し,現地の状況を伝えたいと思っています。

それでは,7年越しの神戸港調査2007をご覧下さい。

kobe_20070505_h264.mov

( video/quicktime : 107.5 MB )

うまく見られない人はこちら(Youtube版)

Feb 17, 2008

岡山水島港宇野港サンプリング&簡易試験 長期遠征2007-VideoPodCast-

ポスト @ 13:43:54 , 修正 @ Feb 17, 2008 13:43:39 | VideoPodCast,レポート

. 調査隊ビデオロゴ2007

遺伝子組換えナタネ調査隊長期遠征編その4です。
2007年5月5日におこなった岡山県水島港宇野港周辺の調査ビデオです。

輸入実績をまとめた統計で、岡山県にはナタネの輸入が行われていることがわかっていましたが、それが水島港なのか宇野港なのかはよくわかっていませんでした。また、いままではっきりと遺伝子組換えナタネが検出されたことを示すデータを確認していませんでした。

これまで調査した港同様、陸揚げの実績がある場所では、遺伝子組換えナタネの自生が起きている可能性が高いと考え、調査にはいることにしました。

その結果、宇野港で、搾油工場さんを中心としたロケーションで6点の遺伝子組み換えナタネを検出しました。やはり岡山でも自生が起きているようです。

驚いたのは、宇野港から国道30号線で3kmほど北に向かったところにある深山公園の前でも遺伝子組換えナタネが検出されたことでした。国道30号線を利用した運搬などによって種が拡散している可能性を示す結果だと考えられます。今回は時間の関係で範囲を広げることができませんでしたが、幹線道路とその周辺地域の調査を行う必要があるように思います。

次は「長期遠征5-兵庫県神戸港編-」になります。


okayama_20070505_h264.mov

( video/quicktime : 57.3 MB )


うまく見られない人はこちら

Jan 20, 2008

鹿児島港サンプリング&簡易試験 長期遠征2007-VideoPodCast-

ポスト @ 20:08:34 | VideoPodCast,レポート

. 調査隊ビデオロゴ2007

遺伝子組換えナタネ調査隊長期遠征編その3です。
2007年5月3日におこなった鹿児島港周辺の調査ビデオです。

国産ナタネの生産量では、青森、北海道につぐ第三位の地位にある鹿児島県。財務省通関統計によると輸入ナタネの陸揚げ実績はないとされています。

長期遠征に出発する前、鹿児島港を調べていた生協さんのグループが「遺伝子組換えナタネを検出した」という報告がありました。今回の調査は鹿児島まで向かう計画ではなかったのですが、ここまできたらと思い立ち、福岡から鹿児島へとハンドルを切りました。

結果的には、鹿児島港港湾周辺にはナタネの生育が確認できず、鹿児島湾沿いに南下する道中に見つけた数点の群落からのみ採取となりました。

飼料の陸揚げが行われている港などがないかなど、もう少し事前調査が必要かもしれません。

次は「長期遠征4-岡山県水島港宇野港-」になります。


kagoshima_20070503_h264.mov

( video/quicktime : 35.9 MB )


うまく見られない人はこちら

Dec 07, 2007

博多港サンプリング&簡易試験 長期遠征2007-VideoPodCast-

ポスト @ 22:33:59 | VideoPodCast

. 調査隊ビデオロゴ2007

遺伝子組換えナタネ調査隊長期遠征編その2です。
2007年5月2日におこなった博多港の調査ビデオです。

フェリーで九州入り。自生が確認されている博多港へ向かいました。

博多港では、搾油工場、飼料工場があり、ナタネが陸揚げされています。実際に現地に入った際にも、トラックで盛んに運ばれているのが確認できました。(なかみはナタネではなかったかもしれませんが)

今回初めて調査をロケーションでしたが、生協さんから伺っていたとおり、かなりあちこちで自生が確認されました。その自生状況は四日市港に匹敵するものでした。また、単に自生の数が多いだけでなく、港から8kmほどはなれた太宰府IC付近でも組換え体が見つかるなど、拡散が起きていることもうかがえました。

最も驚いたのはマンホールの隙間をびっちりと小さなナタネが埋めていたところです。相当なこぼれ落ちがあることが想像されました。

次は「長期遠征-鹿児島県鹿児島港-」になります。


fukuoka_20070501_h264.mov

( video/quicktime : 32.4 MB )


うまく見られない人はこちら

Nov 25, 2007

名古屋港サンプリング&簡易試験 長期遠征2007-VideoPodCast-

ポスト @ 20:05:43 | VideoPodCast

. 調査隊ビデオロゴ2007

遺伝子組換えナタネ調査隊長期遠征編その1です。
2007年5月1日におこなった名古屋港の調査ビデオです。

土砂降りの中、昨年の調査地点、名港潮見埠頭周辺に加え、国道23号線(桑名から緑区まで)および飼料工場があるという北浜町地区を駆け足で調査しました。

名港潮見埠頭周辺は、例年組換え体が検出されることが多かったのですが、今回は1個体だけとなりました。こぼれ落ちがたくさん確認されるインターチェンジ下も、自生の数が少なく、助走などの対策がとられているように見えました。

今回初めて調査を行った国道23号線およびその連絡道路などでは、遺伝子組換え体は検出されませんでした。なかには中央分離帯すべてがカラシナというほどの群生もあり、アブラナ科植物ってすごいなぁと驚かされました。いったいどこからやってくるのでしょうね。

また、以前からナタネの陸揚げ、または運搬があるのではないかといわれていた北浜町周辺も調査に入りました。港湾地域内ではナタネはほとんど見かけることはありませんでしたが、ちょうど国道から港湾地域に入る入り口付近で、2本の西洋ナタネに出会いました。このうち一本が遺伝子組み換えという結果になりました。こちらも今後調査の対象に入れるべきだと思います。

名古屋港の後、土砂降りでノックアウト。陸路で神戸に入る予定あきらめ、フェリーで福岡に向かうことになりました。
次は「長期遠征-福岡県博多港-」になります。衝撃の博多港編をお楽しみに。


nagoya_20070501_h264.mov

( video/quicktime : 34.4 MB )


うまく見られない人はこちら

Nov 13, 2007

横浜港サンプリング&簡易試験2007版-VideoPodCast-

ポスト @ 15:17:36 | VideoPodCast

. 調査隊ビデオロゴ2007

2007年4月18日におこなった神奈川県横浜港周辺の調査ビデオです。

昨年、一般調査隊員のかたからいただいた情報を元に、磯子区を中心に調査をおこないました。それほどナタネの自生はないだろうと予想していたのですが、合計24本のサンプルを採取、うち8本が遺伝子組換えという結果になっています。

かつて赤い靴を履いて少女が異国の地に旅立ったという横浜港。
いま、異国から遺伝子組み換えナタネが連れてこられているようです。

交通の激しい産業道路沿いでの検出は、輸送中のこぼれ落ちであると推測されますが、この道路から少し離れた、火力発電所が見える海沿いのそば屋さん前で検出された不思議な個体がありました。運送に関わるトラックなどの移動ルートなども調べる必要がありそうです。
また磯子区には搾油会社さんがありますが、実際にここで陸揚げがあるかどうかは確認できていませんので、こちらも情報を集める必要がありそうです。

調査日からだいぶ経ってしまいましたが、どうにかまとめることができました。
このあとビデオは「長期遠征編-名古屋港」へ続きます。(たぶん)

yokohama_20070418_h264.mov

( video/quicktime : 33.6 MB )


うまく見られない人はこちら

Oct 01, 2007

清水港サンプリング&簡易試験2007版-VideoPodCast-

ポスト @ 19:30:40 | VideoPodCast

. 調査隊ビデオロゴ2007

2007年3月30日に行った静岡県清水港の調査の様子です。
例年、清水港は採取できるセイヨウナタネの数が少なく、地道な調査が必要な地域です。今回は生活クラブ生協の皆さんとの共同調査で効率よくあちこちをまわることができました。

今回の調査は2日間行い、一日目の調査で、セイヨウナタネと確認できるた4個体のうち3個体が遺伝子組換えナタネという結果になりました。今年も数は少ないものの確実に自生しているようです。

ご感想などをお待ちしております。
このあとビデオは「神奈川県横浜港編2007」へと進みます。

shimidzu_20070330_h264.mov

( video/quicktime : 33 MB )


うまく見られない人はこちら

Apr 26, 2007

千葉港サンプリング&簡易試験2007版-VideoPodCast-

ポスト @ 17:41:27 | VideoPodCast,レポート

. 調査隊ビデオロゴ2007

2007年3月3日ひな祭り。

今年最初の調査になった千葉中央港周辺のビデオです。
時期的にやや早いこともあり、花の咲いているナタネにはほとんど出会えず、道路の継ぎ目をつつくような、枯れ草をかき分けるような、そんな調査になりました。

簡易試験で、継ぎ目や枯れ草の隙間から採取されたナタネ18本のうち、12本が遺伝子組換えと判明、隊員一同、凹む様子も映っています。

画面がちょっと揺れますので、酔わないようにご注意ください。
ご感想などもお待ちしております。このあとビデオは「静岡清水港編2007」へと進みます。

chiba_070303_h263.mov

( video/quicktime : 58.8 MB )


うまく見られない人はこちら

Feb 22, 2007

神戸港サンプリング&簡易試験 遠征調査編6-VideoPodCast-

ポスト @ 20:22:34 | VideoPodCast,レポート

. 黒猫検査員ダヤン

たいへん間をおいての更新です。ご無沙汰でした。
まもなく2007年の活動を再開します。

まだあるの?という感がありますが、
2006年の長期遠征調査5日目。
兵庫県神戸港、深江浜での遺伝子組換えナタネ調査のビデオです。

お天気はもうほぼ夏。冬用の装備で走り回っていたのですが、さすがに汗が止まらず、頭もボーッととなってしまうほどでした。

神戸まで南となると、ナタネの季節も終わっていたようで、採取できたサンプルは、1検体と大変少ないものでした。が、その簡易検査結果は「遺伝子組換えナタネ」となり、神戸港にも遺伝子組換えナタネが自生していることが確認できました。

神戸港での調査結果の詳細は以下のページを参考にしてみてください。

2006年遺伝子組換えナタネ調査隊報告

kobe_060504_h263.mov

( video/quicktime : 55.9 MB )


うまく見られない人はこちら

Oct 03, 2006

四日市港&国道23号簡易試験 遠征調査編5-VideoPodCast-

ポスト @ 21:22:47 | VideoPodCast

. 一志温泉やすらぎの湯で検査

遠征調査4日目の四日市港と国道23号線で採取したナタネについて簡易試験を行ったときのビデオです。

閉館間際の「一志温泉やすらぎの湯」に滑り込み、簡易試験を行いました。 山盛りのビニール袋を前に、何かをごそごそやっている姿は、ゴールデンウィークまっただ中の家族連れにはどんな風に映ったんでしょうか...。残り30分という限られた時間の中ではそんなことを気にするまなどあるわけもなく、調査に取りかかるしかありませんでした。

採取されたサンプル数が多かったことと、簡易試験に必要な装備ももう残り少なかったため、全てのサンプルを試験することはできなかったのですが、それでも7検体の遺伝子組換えが見つかっています。

このあとビデオは「兵庫県神戸港編」へと進みます。

yokkaichi_test_060503_h264.mov

( video/quicktime : 11.4 MB )


うまく見られない人はこちら

Sep 04, 2006

国道23号線サンプリング遠征調査編4-VideoPodCast-

ポスト @ 17:17:02 | VideoPodCast

. 国道23号線
遠征調査4日目のビデオです。

三重県四日市港に陸揚げされたナタネは、搾油されておられます製油会社さんのところまで国道23号線をトラックで運ばれていくのだそうです。

このビデオは港から会社さんまでの道のりでみつけたナタネの様子を撮影したものです。港から会社さんまで、道を迷いながら30kmほど走ったその様子です。

この23号線の長い道のり。
歩道や道路の継ぎ目、ガードレールの脇、川の土手、田んぼのあぜ道、畑の脇などあちこちに生えていました。

このあとビデオは四日市港と国道23号線で採取した「検査編」へと進みます。

yokkaichi_R23_060503_h264.mov

( video/quicktime : 10.7 MB )

うまく見られない人はこちら

もっと読む...

May 24, 2006

四日市港サンプリング遠征調査編3-VideoPodCast-

ポスト @ 8:55:04 | VideoPodCast

, 枯れ残ったナタネ
長期遠征3日目です。

三重県四日市港周辺の調査ビデオです。
ここもたくさんのナタネが生えていました。
枯れた草の中にナタネが生え残っている写真の場所にもいけました。

除草剤に枯れない遺伝子組換えナタネ...話には聞くものの、
実際に目で見ると、衝撃的。百聞は一見にしかずでした。

生え残っているのが、本当に遺伝子組換えなのかを
現地で簡易試験する映像もありますのでどうぞ。

この後、四日市港から内陸部にある搾油工場まで国道26号沿線の調査編へと続きます。

yokkaichi_060503.mov

( video/quicktime : 18.7 MB )

うまく見られない人はこちら

May 13, 2006

名古屋港サンプリング遠征調査編2-VideoPodCast-

ポスト @ 22:54:27 | VideoPodCast

. 交差点のこぼれ種
長期遠征2日目。
名古屋港での調査ビデオになります。

名古屋港では16本のナタネに出会うことができました。
そのうちの8本について簡易検査を行ったところ、
6本が遺伝子組換えナタネという結果になりました。

気になったのは、市街地へ続く交差点で、縁石の下にこぼれ種があったことです。
ビデオにもありますが、加熱処理されているとはいえ、結構な量で驚きます。

それにしても、気温10度を切る中での簡易試験は身にこたえました。ホント。

nagoya_060502.mov

( video/quicktime : 18.9 MB )

うまく見られない人はこちら

May 10, 2006

清水港サンプリング遠征調査編1-VideoPodCast-

ポスト @ 15:50:35 | VideoPodCast

. コンベア下のナタネ

ナタネ調査の長期遠征にいってきました。
第1日目は静岡県清水港です。
そのビデオになります。

清水港では5本のナタネに出会うことができました。
そのうちの3本が遺伝子組換えという、これまた驚きの結果となりました。

検出があったのは、搾油会社さんの裏手、飼料工場さんのコンベア下、貯木場脇の道路の3地点でした。

なんにしても、テントの中、ヘッドランプの明かりだけで試験を行った物好きは、世界中探してもいなかっただろうなぁとおもいます。そんな映像になっています。

shimizu_060501.mov

( video/quicktime : 27 MB )

うまく見られない人はこちら-Part01-
うまく見られない人はこちら-Part02-

Apr 30, 2006

鹿島港採取ナタネ簡易検査-VideoPodCast-

ポスト @ 20:47:44 | VideoPodCast,お知らせ

. men in kashima

4月31日に出かけた鹿島港のサンプリングをまとめたビデオです。 かなり地味な内容の配信になってしまいましたが、興味のある方どうぞ。

いやはや...鹿島港は、アブラナ科の植物がたくさん生えていて、 とても抜ききれないと、調査隊を圧倒させるロケーションでした。

鹿島港は2005年、他の調査グループによって遺伝子組換えナタネが確認されていましたので、かなりの意気込みを持っての調査にのぞみました。

昨年に続き、ボクらの調査では、今回も見つけることはできませんでした。 鹿島港はナタネが陸揚げされる場所と、搾油工場さんが近い場所のようで、こぼれ種対策がとりやすいのでしょうか?よくわかりません。

今回の調査で興味深かったのは、穀物搬入用のタンカーが接岸している岸壁にハトがたくさん集まっていて、なにかを必死についばんでいるということです。ハトがナタネを運ぶかどうかはよくわかりませんが、ちょびとだけ不安を覚えるシーンに出会うことになりました。その様子もわずかですがビデオに入っています。

sampling_kashima.mov

( video/quicktime : 14.6 MB )

うまく見られない人はこちら

Apr 16, 2006

千葉港PCR確認試験結果-Video Podcast-

ポスト @ 0:00:24 | VideoPodCast

. 紫外線照射中

時間的にちょっとと前後してしまいますが、3月21日にサンプリングに出かけた千葉港のナタネ。これらは7本中、4本が遺伝子組み換えでした。

より高精度での確認を行うため、PCR法による確認試験を行いました。
簡易試験で「遺伝子組換え」と判定された4本のナタネは、PCR法でも「遺伝子組換えである」と確認されました。そのビデオ映像となります。

かなりマニアックな中身ですが、雰囲気だけでも楽しんでもらえればうれしいところです。

pcr_chiba_060321web.mov

( video/quicktime : 19.2 MB )

うまく見られない人はこちら

Apr 12, 2006

利根川沿いサンプリング-VideoPodCast-

ポスト @ 23:14:19 | VideoPodCast

. 菜の花畑on土手

鹿島港にサンプリングにいってきました。
鹿島までは利根川沿いを走っていくのですが、その途中寄り道をして、土手沿いの菜の花群落から何本かをサンプリングしてみました。
その様子を記録したビデオです。

土手沿いにはカラシナの他にもアブラナ科の植物がいくつか生えていました。
アブラナなのか畑から入ったダイコンやカブの仲間なのかはよくわかりませんでした。

このビデオではカラシナとアブラナの見分け方も説明しています。
違いがよくわからないよ、という場合は参考になると思います。

sampling_tone_060331.mov

( video/quicktime : 8 MB )

うまく見られない人はこちら

Apr 06, 2006

千葉港採取ナタネDNA抽出編-VideoPodCast-

ポスト @ 14:04:34 | VideoPodCast

. capture the DNA

千葉港で採取してきたナタネからDNAを抽出しました。 その行程を記録したビデオです。

ナタネから真綿のようなDNAが小さな試験チューブの中に集まるというだけの、 とてもマニアックで、普通の人たちにとっては地味すぎる映像ばかりですが、実験室はこんな雰囲気だというのを味わってみていただけるとうれしいです。

このビデオに記録されている作業で抽出されたDNAは、PCR法という遺伝子自体を検査する技術で、遺伝子組換えかを判定するのに使われます。この結果で黒か白かがはっきりします。

次回「PCR検査編」は、近日配信の予定です。

extract_060323web.mov

( video/quicktime : 9.9 MB )

うまく見られない人はこちら

Mar 30, 2006

iTunes Music Storeに登録

ポスト @ 21:09:39 | VideoPodCast,お知らせ

itms
調査隊のビデオをアイチューンズ社のiTunes Music Storeに登録してもらいました。定期的にビデオポットキャストできるようにがんばりたいと思います。

Mar 27, 2006

千葉港採取ナタネ簡易検査-VideoPodCast-

ポスト @ 23:16:42 | VideoPodCast,レポート

. 簡易テスト

3月21日に千葉港で採取してきたナタネの簡易分析を行いました。
その試験の様子をビデオをとして配信しています。試験方法は配布しているキットと同じ(*)です。試験紙を差し込んで2本線が出れば陽性で、「遺伝子組換えナタネ」ということになります。

結果、7本中、4本が遺伝子組換えナタネで、その内訳は
 2本がラウンドアップ(R)に耐性を持つタイプ
 2本がバスタ(R)に耐性を持つタイプ
でした。

*配布しているキットはラウンドアップ(R)に耐性のあるナタネを検査するものですが、今回はこれに加えてバスタ(R)に耐性のあるタイプも検査しました。

test_060322web.mov

( video/quicktime : 21.2 MB )

うまく見られない人はこちら

Mar 22, 2006

千葉港サンプリング-VideoPodCast-

ポスト @ 22:05:03 | レポート,VideoPodCast

. サンプリングへゴー

千葉港サンプリングのビデオポッドキャスティングをはじめました。
ナタネを採取するところなどを見ることができます。再生にはQuickTIme Player7が必要です。

このサンプリングで7点のナタネを採取して帰ってきましたが、今日、検査を行ったところ、なんと4点が遺伝子組換えナタネというびっくりの結果になりました。採取したナタネの中にはすでに種をつけていているものもあり、さやには黒い種が詰まっていました。

この続き「検査編」は後日配信の予定です。

research_060321web.mov

( video/quicktime : 17.7 MB )

うまく見られない人はこちらから