Oct 07, 2010

2010年横浜港周辺調査

ポスト @ 15:51:36 | レポート

yokohama

 6月3日におこなった横浜港の調査です。横浜港は、例年、採取個体数は少ないものの、高い頻度で遺伝子組換えナタネが検出される地域です。おもに磯子区を中心に検出が認められており、この地域にある搾油工場経由でこぼれ落ちているものか、過去にこぼれ落ちた種の子供に当たる世代がライフサイクルを獲得し、ささやかながら自生を続けている、などが予想されています。

 今回の調査では4個体が採取され、このうち二個体がグリホサート耐性のナタネ、二個体がグルホシネート耐性のナタネであることがわかりました。

 採取地と結果を示すマップは後日公開の予定です。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/natane/trackback/tb.php?id=98
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)