Oct 05, 2010

2010年名古屋港周辺調査

ポスト @ 10:02:25 | レポート

nagoya100502

 5月2日、長期遠征もいよいよ後半。講演を頼まれた岐阜に向かう途中、名古屋に寄り道です。

 調査地点は、潮見埠頭と北浜町の2地点でした。例年、潮見埠頭周辺では遺伝子組換えナタネが検出されますが、今年は採取した6個体が全て陰性となりました。確認できる個体数も減っているようです。

 一方、北浜町側では、遺伝子組換えナタネの検出が増えている傾向があります。採取された11個体のうち、9個体が遺伝子組換えナタネとなっています。北浜町の穀物運搬トラックを追跡したところ、汐見埠頭の飼料会社と北浜町のサイロ間、およそ15kmをピストン運送しているルートが存在することを確認しました。この輸送路のほとんどが自動車専用道のため採取などの調査ができていませんが、セイヨウアブラナが多数自生していることを目視で確認しています。このルートは今後の課題といえます。

 採取地と結果を示すマップは後日公開の予定です。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/natane/trackback/tb.php?id=96
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)