Jun 15, 2010

2010年福岡博多港周辺調査

ポスト @ 17:52:22 | レポート

サイロ写真 調査中

 今年も出かけた長期遠征調査「福岡県博多港」のレポートです。調査日は4月29日です。

 4月28日、雨の東京を出発しました。走りだして間もない東名高速道路で、何度かエンジン停止のトラブルが発生して、危うくリタイヤしかけましたが、無事福岡に到着できました。

 今回は、先に国道3号線を南下し、昨年採取された場所で、ふたたび遺伝子組換え個体が確認できるかの調査をおこないました。それから博多港にもどり、西日本新聞の佐藤記者と合流して、港湾内の調査をおこないました。

 国道3号線沿いは例年通り、太宰府ICに近い交差点で遺伝子組換えの個体が見つかりました。港湾内の調査では、あいもからわず、たくさんのナタネが生えており、簡易試験でもその多くが遺伝子組換えナタネであることが確認されました。

 この日は、アイガモ農法で有名な古野隆雄さんところにお世話になりました。ちょうどなんじゃもんじゃの木の花見会でして、そこにお邪魔しながら、集まっている皆さんと簡易試験をやりました。すりつぶして、試験紙を差し込んで、2本の線が現れると、驚きの声がでていました。この問題に、関心を持っていただけました。

 夜は、研修生さんらのアパートで一泊でした。貴重な体験をした一日でした。はじめて食べた塩蛋の味を忘れません。

 採取地と結果を示すマップは後日公開の予定です。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/natane/trackback/tb.php?id=91
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)