3 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 3 / 3

WebDAV SetupPack

From : 田中 @ 2008-04-07 12:00:21 編集 引用

10.3..9 G4環境です。
WebDAV SetupPackにトライしていますがパスワードのところで止ってしまいました。
ターミナルを起動しパスワードは登録できたのですがその後の「Step4 設定ファイルのチェックと修正、追記」を始めるにははどのようにすればよいのでしょうか?

また、http.confファイルを元にもどすのには実際にはどのようにしたら良いのでしょうか? 書類フォルダにはhttpd.conf_backup_by_MACOSXABAフォルダはできていません。

Re: WebDAV SetupPack

From : namahage @ 2008-04-08 19:58:00 編集 引用

どうもこんにちは。

うまくいきませんでしたか。
ちょっと動作確認が甘いみたいですね。ご面倒をかけてしまってすみません。
今日見直してみたら、問題のパスワード設定領域を行うスクリプト部分がLeopard用のところだけ修正されていて、PantherとTiger用のところは元のままになっていました。うっかりしてました。
ホント書き込みしていただいて助かりました。さっそく修正に入ってみたいと思います。

SetupPackで設定を完了できた場合、httpd.confが変更を受けますが、田中さんの場合、Step4に入る前に処理が停止してしまっていますので、httpd.confは、修正や追記は行われておらず元のままのはずです。なので、今回の場合、そのままでも大丈夫だと思います。httpd.conf_backup_by_MACOSXABAフォルダはStep4の時点で作成されるのでみつからないことになります。

元に元の状態に戻したいという場合ですが、SetupPackによる設定が成功しているときはWebDAVアンインストールスクリプトでうまく戻せるはずです。これでだめなときは、CotEditorを利用すると楽だと思います。10.3.9の場合なら、Finderからフォルダへ移動を実行し、/etc/httpdを開きます。この中にあるhttpd.confを万が一に備えてどこかにバックアップしておきます。バックアップがすんだらCotEditorで開きます。ファイルの最後の方に

#MacOSXSABAstart dav conf

#MacOSXSABAend dav conf

で挟まれた場所がありますので、この部分を削除します。
削除がすんだら保存を実行します。このときCotEditorに管理者権限を問われますので、対応してください。あとはパーソナルウェブ共有機能を再起動して作業完了です。

またうまくない所などありましたら、よろしくお願いします。

Re: WebDAV SetupPack

From : 田中 @ 2008-04-22 12:03:16 編集 引用

いつも敏速なアドバイスに恐縮いたします。ご返事が遅れて申し訳ありません。
httpd.confには #MacOSXSABAstart dav conf、#MacOSXSABAend dav confはみつかりませんでしたのでそのままにしておきました。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。