27 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 27 / 27

» Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 伊太利屋次郎 @ 2008-02-12 11:59:05 編集 引用

Leopard 10.5.2にMySQL 5.0.51aをインストールしてみました。すると,/usr/local/MySQLCOMというファイルができます。これを,/Library/StartupItems/に移動します。MySQLのrootのパスワードを設定して,マックを再起動するとオーケーでした。しかし,システム環境設定のMySQLからはStart/Stopがやはりできませんでした。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-02-13 21:32:18 編集 引用

どうもこんにちは。
やはりそうでしたか。
システム環境設定からオンオフできる方法がはやく見つかると楽だろうなと思います。
アップルスクリプトでもいいのかなとか最近は思ってみたりしています。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 山道正男 @ 2008-02-16 23:46:57 編集 引用

伊太利屋次郎さん。「Leopard 10.5.2にMySQL 5.0.51aをインストールしてみました。」とありました。私はMac mini にMac OSX Server10.5をインストールしてもMySQLがインストールされていないのに、シックハックしていますす。あるときはライブラリーのReceiptsの中にMySQLの八ケージがインストールされたり、或るときはそれもインストールされて居ない時があります。もの凄く不安定なインストールで悩んでいます。出来ればMysqlをどのようにインストールされたのか、お教えくださいませんか。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-02-17 18:43:34 編集 引用

どうもこんにちは。

Mac OS X Server10.5をお使いですか。
Mac OS X Server版ははじめからサービスとしてMySQLがインストールされるように思います。
10.5の場合ですと、デフォルトで装備されているのがMySQL5とかかれていました。
なので無理にインストールしない方が、OSとのサービスの整合性が壊れなくてよいような気がします。

わたしはServer版をもっていないので確認はできませんが、たしか「サーバー管理」というような名前のユーティリティが用意されており、そこからMySQLの起動、停止、データベース管理などができるようになっていたと思います。

それから/Library/Receiptsの中にあるインストーラパッケージの形をしているファイル群は、その名前のパッケージをインストールしたときに作成されるものです。パッケージによってはアンインストールするのにも使用されたり、インストールしたソフトウェアがただしいアクセス権で動作するように管理されたりするのに参照されるもののようです。MySQLなどの実ファイルではないので気にしなくてもよいものです。

とりあえず、一度、「サーバー管理」とか「サーバー環境設定」のようなアプリケーションを探してみるというのはどうでしょうか?

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 山道正男 @ 2008-02-18 22:12:01 編集 引用

namahageさんへ
有り難うございます。mysql5.0.45が稼働しているのが解りました。しかしMacOSX10.5になって、Blogもxoopsもと言うより、msqlを使うソフトが全滅で、MacOSXへの移行は全然出来ていません。Mac miniを自宅サーバーにすれば静粛なので良いなと思ってテストしているのですが。当分駄目のようです。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-02-18 23:19:48 編集 引用

どうもこんにちは。
10.5はあちこちかなりバージョンアップが加えられていて、以前とはかなり進んだ環境になっているといえます。その分以前とは勝手が違っているところも多いと思います。またClient版とServer版は細かいところで設定が異なっていることもあると思います。

わたしはServer版を持っていないため予測でしかないのですが、サーバー設定にあるウェブサービスから、MySQLの設定を行い、ユーザー、データベースを作成、このデータベースにBLOGなどから接続できるかを試してみる必要がありそうに思います。もっともMySQLのユーザーとMac OS Xのユーザーが同じなのかすらちょっとわからないのですが。

まずP_BLOGやphpMyAdminをどこかに設置して、そこからMySQLにアクセスできるかためしてみるというのはどうでしょうか?

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 山道正男 @ 2008-02-20 23:20:26 編集 引用

namahageさんへ
 Mac mini Intel Cor DOにMacosx Server10.5載せ、サーバー管理でMySqlを稼働状態にし、phpmyadmin2.10.02でMySqlにデーターペースを予め作成しておき、Sxoopsをインストールしてみました。データー名やパスワード合わせに何回かアクセスしました。でも5回くらいで成功しました。その都度mainfile.phpを設定し直す手間はありましたが、何とか成功しました。
 次は、p-blogの設定に挑戦です。思ったのは、intel版でphpmyadminiは2.7.0より2.10.02がマッチしたことは驚きでした。
p-blogは巧く行くかな???????
その後、挑戦を続け 
 PHP は5.2.4   MySQLは5.0.45
ですべて MacOSX Server10.5の当初のままです。
 しかし管理者モードにはいるため、admin/login.phpを実行し、ユーザー名とパスワードを入れてクリックすると下記エラーが表示されます。
「Fri Feb 22 07:14:42 2008
Apache/2.2.6 (Unix) mod_ssl/2.2.6 OpenSSL/0.9.7l DAV/2 PHP/5.2.4 」
そこで namahageさんの old-passwords をヒントに
  Mac OSX Server10.5の /usr/share/mysql/my-medium.cnf に old-passwords を書き込み ファイル名を my.cnf にし、これを /private/etc/ にいれました。
 これで再立ち上げし、pblogやxoopsを設定し直すと、成功しました。
 phpmyadminは2.10.02を用いました。
試しに書き込みは出来たのですが、その後エラーが出ましたが、ブラウザーのキャッシュをクリアーし、書き込みもokになりました。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 伊太利屋次郎 @ 2008-03-03 23:33:43 編集 引用

OSX 10.5のMySQL (mysql-5.0.51a-osx10.5-x86.dmg) がアップされていたのでLeopard(クライアント)10.5.2にインストールしてみました。が,上に書いた時と同様な振る舞いでした。
ところで,このようにバージョンアップするとphpMyAdminでつながらなくなります。それで,いったんシステム環境設定のMySQLのAutomatically Startを消して再スタートして,パスワード設定をし直しています。ところが,MySqlAdminが上手く起動してもデータベースが見えなくなっています。バックアップしていたものを使って復元しています。これが仕様でしょうか?

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-03-08 22:08:50 編集 引用

どうもこんにちは。

わたしもMySQLのLeopard版 for x86を入れてみました。
いやはや参りました。起動に一手間必要ですし、相変わらずコンパネは生きていません。MySQL自身はしっかり動作してくれていて問題はないようなのですが...。

phpMyAdminでデータベースの取り込みを行い、P_BLOGを起動するとたしかにインストール動作まではいけるのですが、その後、php周りのエラーが出ています。

どこに問題があるのかまだせめて切れていないのですが、なんとなくphpとの互換性あたりか、それとも取り込んだMySQLデータ自体の文字コード処理などに問題があるのかなと思っています。

EntropyPHPもBETA6まできていますので、その辺を組み込みしながらちょっと時間を作って試してみたいと思っています。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-03-10 23:13:03 編集 引用

Leopard上の環境を少し整えてみました。
あとで新しくログを作ってまとめてみたいと思いますが、とりあえずメモがてら書き込んでおきます。

インストールしたのは
MySQL5.0(mysql-5.0.51a-osx10.5-x86)

Entropy PHP for (Leopard: PHP 5.2.5 Release 6 BETA)
http://www2.entropy.ch/download/php5-5.2.5-6-beta.tar.gz

です。
MySQL5.0はインストール後、sudo /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe &で起動、その後、rootパスワードを設定しました。Leopard上では未だにシステム環境設定からの起動がうまくいきません。また自動起動は、上記書き込みにあった、MySQLCOMをStartupItemsフォルダに入れるか、launchdファイルを作成するか、あとはAppleScriptでも書くか、などの対応が必要そうです。

Entropy PHPはLeopard用のベータ版6をデスクトップフォルダにダウンロードし、回答した後、

sudo mv ~/Desktop/php5 /usr/local/
sudo ln -sf /usr/local/php5/entropy-php.conf /etc/apache2/other/+entropy-php.conf
sudo apachectl restart

を実行しました。またhttpd.confの記述から

LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

をみつけ、これを

#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

に変更しました。これに変わる記述は/etc/apache2/other/+entropy-php.confに用意されているためです。これらの設定後、Web共有は上記のsudo apachectl restartで起動できますしたが、Web共有(Apache)の設定ファイルをチェックする、

sudo apachectl configtest

を実行すると相変わらずエラーが出ます。

httpd: Syntax error on line 485 of /private/etc/apache2/httpd.conf: Syntax error on line 8 of /private/etc/apache2/other/+entropy-php.conf: Cannot load /usr/local/php5/libphp5.so into server: dlopen(/usr/local/php5/libphp5.so, 10): Symbol not found: _xmlTextReaderSchemaValidate\n Referenced from: /usr/local/php5/libphp5.so\n Expected in: /usr/lib/libxml2.2.dylib\n

とりあえずは起動できているので、このエラーの回避については後に回すことにしました。

Entropy PHPの動作と読み込みを確認するため、

<html>
<head>
<title>PHPテストページ</title>
</head>
<body>
<?php phpinfo(); ?>
</body>
</html>

を実行し、phpinfo画面からEntropy PHP release6の表示と、GDがEnableになっているかを確認しました。さらにGDの動作確認のため、

<?php
Header ("Content-type: image/jpeg");

$im = imagecreate (350, 300);
$blueback = ImageColorAllocate ($im, 0, 100, 150);
$white = ImageColorAllocate ($im, 255, 255, 255);

$font = "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W6.otf";

$str1 = "GDのテスト";
$str2 = "表示されれば";
$str3 = "OK";

ImageTTFText ($im, 20, -15, 10, 40, $white, $font, $str1);
ImageTTFText ($im, 40, 15, 20, 200, $white, $font, $str2);
ImageTTFText ($im, 40, 5, 200, 250, $white, $font, $str3);

ImageJpeg ($im);
ImageDestroy ($im);
?>

という記述のgdtest.phpという名前のファイルを作成し、サイトフォルダに配置、動作を確認したところ、一番気になるところのGDは問題なく動作しているようです。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-03-10 23:21:22 編集 引用

MySQL5およびPHP5の必要な環境がそろったので、旧環境の移行が可能かどうかを一部のデータを用いてテストすることにしました。とりあえずはテスト環境として昔作成したP_BLOG環境が移行できるかどうかの確認です。

旧環境は
Mac OS X10.3.9
MySQL4.0
PHP4.3.11(EntropyPHP4.3)
P_BLOG1.0RC2

新環境は
Mac OS X 10.5.2
MySQL5.0.51a
PHP5.2.5(EntropyPHP 5.2.5-6-beta)
P_BLOG1.2b4

まず、旧環境から新環境へP_BLOGのMySQLデータベースを移行させました。

1, 新環境から旧環境のphpMyAdminに接続します。
2, エクスポートからP_BLOGのデータベースを選択し、「ファイルに保存する」にチェック。
3, 「実行する」を押してsqlファイルを取り出します。
4, 新環境のphpMyAdminに接続します。
5, インポートのページを開きます。
6, 「テキストファイルの位置」のところ「ファイルを選択」で先ほど取り出したsqlファイルを指定します。
7, ファイルの文字セットをUTF8に設定
8, 「インポートするファイルの形式」にある「SQL互換モード」をMySQL40に設定
9, インポートを「実行する」を押します。

7は、旧環境のMySQLの動作環境によります。これはP_BLOGの「システム管理」画面などで確かめられますのでそこを参考にして決めます。ここの設定によって新環境のP_BOGが文字化けして読めなくなる場合がありました。

次にP_BLOG側の設定です。それからP_BLOGのuser_config.incで利用していたMySQLユーザーは、今回は作成し直しました。

1, 新環境のP_BOGに適切なアクセス権とinclude/user_config.incの設定を完了させます。
2, 旧環境のresourcesフォルダの中身をすべて新環境のresourcesフォルダにコピーします。
3, 新環境のP_BLOGのSETUPフォルダにブラウザから接続します。
 http://localhost/~hogehoge/pblog/setupのようなURLです。
4, Setupを進めますが、途中、「新規インストール」ではなく「アップグレード」を指定し、作業を完了させます。
5, 新環境のP_BLOGトップページを開き、移行したログが正しく表示されているかを確認します。
6, 管理ページへ進み、環境設定の細かいところを修正します。

P_BLOGでphp周りのエラーが出る場合は、利用しているP_BLOGのバージョンが古い場合に起きているのかもしれません。私のところでは、旧環境で利用していたP_BLOG1.0RC2は新環境のMySQL5とPHP5下では、PHPエラーが出て動作しませんでしたが、P_BLOG1.2b4に移行したところ問題なく動きました。

P_BLOG以外の環境ではどうなのかは少しずつ確かめていくしかなさそうですね。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : しんまい @ 2008-03-31 12:23:32 編集 引用

Leopard 10.5.2にMySQL 5.0.51aをインストールしてみました。すると,/usr/local/MySQLCOMというファイルができます。これを,/Library/StartupItems/に移動します。MySQLのrootのパスワードを設定して,マックを再起動するとオーケーでした。しかし,システム環境設定のMySQLからはStart/Stopがやはりできませんでした。

はじめまして
私は、まだ初心者なのですが、imacにMySQL 5.0.51aをインストールしようと思い、このサイトの
情報を、いろいろ参考にさせて頂いています。
私の場合、タ−ミナルでどうこうする以前のレベルなので、私なりにインスト−ル方法を考えたのですが、正しいかどうか分かりません。
ですので、何かおかしい事が有れば、是非ともアドバイス頂ける様、お願い申し上げます。
インスト−ルの方法を説明する前に、私の環境を説明します。
マシンはimac 2.8GHz、OSはosX10.5.2(レパ−ド)でUNIX系のソフトを扱うのもコレが初めてです。
何も入っていないので、こんな無茶な事が出来るのかもしれません。

本題から外れましたが、まず、MySQL 5.0.51a-x86をダウンロ−ドしました。
これにはインスト-ラ−などは無く、gzip形式の圧縮ファイルを展開するとmysqlの
本体フォルダ−のみが有りました。
そこでOlder ReleasesのMySQL 4.1.22-x86(package format) をダウンロ−ドしました。
そこには、本体のインスト−ラ−や、環境設定用のインスト−ラ−も入っていたので、
それをインスト−ルしました。
そうすると、/usr/local/の中に、mysql 4.1.22とそのエイリアスのmysqlというファルダ−が
出来ました。(ちなみに私は、極力タ−ミナルを使いたくないので、OnyXで不過視ファルダ−を見える様にし、Finderで操作しています。)

そして、ライブラリの/Library/PreferencePanes/の中には、MySQL.prefPaneが有り、
/Library/StartupItems/の中にはMySQLCOMというフォルダ−が出来ていたので、
それをそのまま使う事にしました。
しかしこのままでは、mysql 4.1.22の環境という事になりますので、/usr/local/の中に
新しいmysqlファルダ−を作り、その中にMySQL 5.0.51aの中身を入れ替え、元からあった
mysql 4.1.22とそのエイリアスのmysqlというファルダ−は、内容が同じ事を確認し削除しました。
しかし,システム環境設定のMySQLからはStart/Stopがやはりできませんでした。

それと、関係があるかは分かりませんが、/private/etc/の中にmysql.confも様なものが、
見つかりませんでした。
/usr/local/mysql/の中にconfigureというファイルが有ったのですが、
コレは関係があるのでしょうか?
また/usr/local/mysql/bin/の中にはmysqlaccess.confというファイルも見つけました。
設定ファイルを/private/etc/に移動するのは、不安があるので、そのままにしていますが、
どうすれば良いか分かりません。
何かアドバイスを頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

webminやMANPなどの使い方を教えて下さい

From : しんまい @ 2008-03-31 21:42:38 編集 引用

続けて質問で申し訳無いのですが、webminやMAMPなどの使い方を
ご存知の方は、教えて頂けないでしょうか?

「Nov 01, 2005にwebminのインスト−ルの仕方を記載してありますが、
レパ−ドになってやり方は変わっていないのでしょうか?」
webminの様にGUIで操作出来れば、我々初心者にとっては大変心強いです。
でも、webminも最新版は1.41になり、OSもosX10.5.2にアップグレードして、いろんな面が
変わっている様で、そのままインスト−ルできるか心配です。

そもそも、webminの情報は、2003年ぐらいに多くの書籍が出ていましたが、
最近は全く情報がないので困っています。
また、有ったとしても、Linax系のosで動かす方法がほとんどです。

偶然ネット上で見つけた、theme-stressfreeというwebminのが
何となくMacぽくってかっこいいので、是非試してみたいのですが、
そのままインスト−ルして良い物なのか?分かりません。
ウェブブラウザーで操作するwebminの、レパードでの情報をご存知の方は、
是非教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

ついでに、もう一つ質問です?
MANPというのをご存知でしょうか?
Mac、apache、mysql、phpをパッケージにして配布しているフリ−ソフトです。
それに、有償版のMANP Proというのが有りまして、
それだけで、osx serverの用な事が出来ちゃたりするんだけれど、
すべて、英語版なので何か不安です。
フリーソフト版のMANPは日本語化されているのに
有償版はまだみたいです。
MANP Proの使い方が分かる方、解説しているサイトをご存知の方は
是非教えて下さい。
ヨロシクお願いします。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-04-02 20:22:20 編集 引用

どうもこんにちは。
Mac OS Xでサーバー稼業の世界にようこそです。
いろいろと情報が足りないですけれども、取り組んでみると思っているよりもハードルは低いものです。がんばってみてください。

まずMySQL5.0の件です。
MySQLのダウンロードリンクをもう一度確認してみてください。ちょっと前まではPackage版が見えないときがあったかと思いますが、2008.4.2現在はMac OS X 10.5 (x86)5.0.51aというPackage版が存在しています。

MySQL:Downloads:Mac OS X (package format) downloads
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/5.0.html#macosx-dmg

ダウンロード後、展開すると、イメージドライブ内にインストーラーパッケージがあると思いますので、あとはインストーラーの指示に従うだけでよいと思います。

上記のインストーラーで解決すると思いますが、せっかく書き込みいただいた内容ですので書きますと、しんまいさんが上記の書き込みで試された方法ではうまくいくかどうかはちょっとわかりません。うまいことmysqlフォルダの移動をしないと、アクセス権の関係でmysqlフォルダの所有者がmysqlに設定されないかもしれないので、移動した後、Finderかやはりターミナルかを利用してその設定と確認をしないといけなくなるかもしれません。インストーラに頼った方が無難ですね。

それからMySQLの起動についてですが、システム環境設定から起動停止ができるのはTigerまでです。MySQL側ではいまだにこの問題が解決されたものが提供されていないため、今後の改善を待つ必要があると思います。

起動に関してはターミナルに頼るしかなさそうです。自動起動に関しては、Tigerから採用されたlaunchdを利用することになりそうです。launchd.plistというものを書きます。

ネット上の情報をもとにちょっと書いてみました。
MySQLを自動起動するためのlaunchd.plist

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Disabled</key>
<false/>
<key>GroupName</key>
<string>_mysql</string>
<key>KeepAlive</key>
<true/>
<key>Label</key>
<string>com.mysqld</string>
<key>Program</key>
<string>/usr/local/mysql/bin/mysqld</string>
<key>ProgramArguments</key>
<array>
<string>--user=_mysql</string>
</array>
<key>RunAtLoad</key>
<true/>
<key>UserName</key>
<string>_mysql</string>
<key>WorkingDirectory</key>
<string>/usr/local/mysql</string>
</dict>
</plist>

この内容を記述しただけのテキストファイルを作成し、名前をcom.mysqld.plistと付けて/Library/LaunchDaemonsにコピー、設置します。次に、ちょっと面倒ですがターミナルを起動して、次のコマンドを入力、実行します。

sudo chown root:wheel /Library/LaunchDaemons/com.mysqld.plist
sudo chmod 644 /Library/LaunchDaemons/com.mysqld.plist
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/com.mysqld.plist

パスワードを求められたら管理者パスワードで対応してください。

この後、いちおう再起動をします。
起動したらユーティリティフォルダからアクティビティモニタを起動し、右上のポップアップメニューから「全てのプロセス」をえらび、モニタの中にmysqldが起動しているかを確認します。

いまてもとにさわれるLeopard機がないので、予想で書いています。うまくいかないかもしれません。だめなときはまた教えてください。考えてみたいと思います。

それではがんばってみてください。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-04-02 20:37:37 編集 引用

webminについてです。

Leopardにwebminをインストールしたことがまだないのですが、その仕組みから考えれば、以前までと変わらない方法でインストールできると思います。

外部からアクセスする場合はLeopardのFirewallの設定で引っかかることがあるかもしれません。

Webminも以前のようなギークなデザインから、洗練されたおしゃれなインターフェースに変わってきていて、新しいものを利用すると、気持ちいいです。

あと、WebminはたしかにGUIでサーバーの管理をしてくれるとてもありがたいものですが、やはりその根本にはサーバー管理の知識がないと難しいものだと思います。基本的には操作をやりやすくしてくれるものですね。

MAMPについてです。
解説サイトについてはちょっと知らないです。

MAMPは無償版と有償版のProがありますが、とりあえずはMAMPからの利用で良いのではないかと思います。MAMPの無償版で十分、ここのサイトに書かれているようなサーバー稼業をすることができます。MAMPで不十分と感じたときやライセンスの問題にかかるようになったときに、PROに移行するというのでよいのではないでしょうか、移行もそれほど難しくないはずです。

MAMPの利用方法はとても簡単でアプリケーションのようなものです。ダブルクリックでMac OS Xと同等のWebサーバーを起動させることができます。
起動後はhtdocs内にhtmlファイルを設置したり、phpスクリプトなどを設置したりすればオーケーです。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : pipin @ 2008-04-26 09:16:36 編集 引用

いつも参考にさせていただいてます。m(_ _)m
MySQLのシステム環境設定での起動の件ですが、MacBookProにmysql-5.1.24-rc-osx10.5-x86_64をインストールしたら問題なくできるようになってました。
ちなみに5.0系ではご指摘のように/usr/local/MySQLCOMができるので、私もコピーして対応してます。
それから、phpのmysql.socketの参照が/tmp/mysql.socketから /var/mysql/mysql.sockに変わっていたので、リンクで対応してます。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-04-29 10:51:34 編集 引用

pipinさんどうもこんにちは。

5.1.24ではうまく起動できるんですね。
私も後でインストールを試してみたいと思います。

phpとmysqlが落ち着かないとどうもすっきりしないですよね。
やっとLeopard周りの環境も情報も落ち着き始めているように思えます。
そうなると決まった手順で構築するめどが立ちそうで、環境引っ越しもありかなぁと思ったりしています。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 伊太利屋次郎 @ 2008-04-30 14:26:44 編集 引用

自分は5.1.24-rcではなくて,PowerPC G5にはmysql-5.0.51b-osx10.4-powerpc-64bit.dmgを,Intelマック(Mac mini 2,1)にはmysql-5.0.51b-osx10.5-x86_64.dmgをインストールしてみました。どちらのマックもOSX 10.5.2を入れてあります。この組み合わせでどちらも問題なく動きました。環境設定のMySQLパネルからも正常にstart/stopできました。以前のバージョン(51a)では/usr/local/MySQLCOMを手で/Library/StartupItemsに移動していましたが,今回の51bではインストーラーが設定してくれるようです(/usr/localには古いMySQLCOMが残っていますが,/Library/StartupItemsのMySQLCOMの日付はインストールした日付になっています。ただし自分は51a上にインストールしていますので,自動で設定してくれるかどうかは確認していません。)。
pipinさんは5.1.24-rcでお試しのようですが,これはリリース候補で正式版は5.0.xですね。実は,自分はWindows XP SP3のrcをインストールして,起動不能になった苦い経験があります。
しかし,MySQLをアップデートするとWordPressのデータがアクセスできなくなってしまいます。事前にWPのデータをバックアップしてMySQLのアップデート後に再起動,mysqladmin -u root password 'xxx'のおまじない,phpMyAdminでのインポート,でリストアしています。皆さんはこんなことしなくてもすんなりアップデートできてますか?

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-05-10 09:31:40 編集 引用

こんにちは。
テスト機のMacBook(Mac OS X10.5.2)をちょっといじってみました。

MySQLのアップデートです。
5.0.12aから5.0.12bに入れ替えてみました。
aからbという小さなアップデートですが、上記の書き込みのとおり大きな違いがあることを確認しました。

1, MySQLStartupItem.pkgのインストールでStartupItemsに正しく起動ファイル類がインストールされる

2, MySQLパネル(MySQL.prefPaneファイル)をインストールすると以前のようにシステム環境設定からStart/Stopができる

1と2ができるようになったことで、Leopard環境へ移行するステップが一つ整ったように思います。

今回は5.0系から5.0系への移動だったので、めんどくさがりの私は、5.0.51aのデータフォルダのバックアップをとった後、

sudo cp -R /usr/local/mysql-5.0.51a-osx10.5-x86/data /usr/local/mysql-5.0.51b-osx10.5-x86/data

で丸ごと移動させ、そのあと

sudo chown -R mysql:wheel /usr/local/mysql-5.0.51b-osx10.5-x86/data

でアクセス権を修復してすませました。
これだと、そのままphpMyAdminやP_BLOGなどでアクセスできました。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 伊太利屋次郎 @ 2008-05-12 15:05:43 編集 引用

namahageさん,5.0.51bの確認ありがとうございます。また,MySQLデータのコピーの情報も多いに役に立ちます。dataフォルダを覗いてみるとWordPressのデータの他にMoodleのデータもありました(こちらはインストールだけで未使用ですが)。実はMySQLのアップデートでMoodleデータも見えなくなっていました。namahageさんのようにコピーするのが良いようですね。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-05-13 21:00:01 編集 引用

どうもこんにちは。
データの移行のところ、自分で書いておきながら、読み直してみたらなんだか難しいですね。

コマンドに頼らずに、敷居が低くだれでも扱える方が、環境移行の足取りも軽いよなぁと思いました。
なにか簡単に移行できるAppleScriptみたいなものを書いたら楽かもと思ってみたりしています。
短いコマンドでできそうなので時間があったらやってみたいですね。

Mac OS X(Leopard)wordpressのインストール

From : imoni @ 2008-05-19 23:57:48 編集 引用

namahageさん。
Mac OS 10.5.2にphp5.2.4とMySql4.1.2とphpMyAdmin2.10.1を設定する所まではうまく行きましたが、wordpress2.3.3をインストールする際のwp-config.phpファイルを作る所で、データベース接続エラーが出てしまい先に進めません。データベースとユーザーとパスは間違いないはずなのですが、あとMySQLもrunningになってます。

色々と調べてみた所、まずタグで、他の方のブログに書いてあった。
<?php
$con=mysql_connect("localhost", "root", "パスワード") or die("接続失敗");
echo "接続成功";
mysql_close($con);
?>

を入れてテストしてみると、
「Warning: mysql_connect() [function.mysql-connect]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/mysql/mysql.sock' (2) in /Library/WebServer/Documents/test.php on line 2
接続失敗」と出ます。

MySQLのソケットが、/tmp/mysql.sock に対して PHPのソケットが/var/mysql/mysql.sockなのが原因なのでしょうか?なにしろまだまだサーバーについてまだよく理解しておりませんものでして、何卒くだらない質問でしょうがご教示いただければ幸いです。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-05-20 21:21:43 編集 引用

どうもこんにちは。

WordPressですが、WordPressMEの配布が終了してWordPress日本語版2.5になっているんですね。気がつかずにいました。早速WP2.5日本語版をインストールテストしてみました。躓くかと思ったのですがすんなりと進んでしまいました。私も、接続エラーが出るかと思ったのですが、ちょっと肩すかしを食らいました。

Warning: mysql_connect() [function.mysql-connect]: Can't connect to local MySQL server through socket '/var/mysql/mysql.sock' (2) in /Library/WebServer/Documents/test.php on line 2

このエラーにとりあえず対応するには、Wordpressのインストールの際、MySQLの場所を指定する欄をlocalhostから127.0.0.1に変えてみるというのはどうでしょうか?ひょっとしたらうまくいくかもしれません。mysqlをホスト名で呼び出すのかTCPで呼び出すのかでなぜか挙動が違うので、この方法で解決できることもあるようです。

根本的に解決するためには、シンボリックリンクを作成する、またはphp.iniの編集が必要になると思います。

手っ取り早いのはシンボリックリンクを作成する方法です。

まず以下のコマンドを実行して/var/mysqlフォルダを作成します。
sudo mkdir /var/mysql

次に以下のコマンドでシンボリックリンクを作成します。

sudo ln -s /tmp/mysql.sock /var/mysql/mysql.sock

これでうまくいくような気がします。

もう一つは、php.iniの編集をする方法です。
Entropy PHPをインストールされたのだとするとphp.iniは

/usr/local/php5/lib/php.ini-recommended

にあたります。
810行目に

mysql.default_socket =

という項目がありますので、ここに

mysql.default_socket =/tmp/mysql.sock

と入力し保存します。可能ならファイルネームをphp.iniとしておくのがよいです。OS標準のphpを使っているなら/etc/php.iniになります。760行目に同じ設定項目があると思います。

Leopardで編集を行うのならCotEditorを使うとアクセス権の修正の手間が省けるのでおすすめです。そのまま修正、保存ができます。ただし、編集をする際は、必ずphp.iniのファイルをバックアップしてから行うのを忘れないでくださいね。

こんな具合でうまくいくのではないでしょうか?
ちょっと試してみてください。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : imoni @ 2008-05-20 21:53:44 編集 引用

namahageさん。
お忙しい中大変参考になる回答感謝しております。
namahageさんのご指示通り、Wordpressのインストールの際、MySQLの場所を指定する欄をlocalhostから127.0.0.1に変えてみましたら無事インストールすることが出来ました。。。ついでなので私も本家の2.5.1を入れてみました。なんかダッシュボードがカラフルになりましたね。

シンボリック作成法とphp.ini編集方法まで書いていただき本当に有り難うございます。こちらは後日実行してみたいと思います。本当にどうも有り難うございました。

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : しんまい @ 2008-09-01 01:40:45 編集 引用

はじめまして
私は、まだ初心者なのですが、imacにMySQL 5.0.51aをインストールしようと思い、このサイトの
情報を、いろいろ参考にさせて頂いています。
私の場合、タ−ミナルでどうこうする以前のレベルなので、私なりにインスト−ル方法を考えたのですが、正しいかどうか分かりません。
ですので、何かおかしい事が有れば、是非ともアドバイス頂ける様、お願い申し上げます。
インスト−ルの方法を説明する前に、私の環境を説明します。
マシンはimac 2.8GHz、OSはosX10.5.2(レパ−ド)でUNIX系のソフトを扱うのもコレが初めてです。
何も入っていないので、こんな無茶な事が出来るのかもしれません。

本題から外れましたが、まず、MySQL 5.0.51a-x86をダウンロ−ドしました。
これにはインスト-ラ−などは無く、gzip形式の圧縮ファイルを展開するとmysqlの
本体フォルダ−のみが有りました。
そこでOlder ReleasesのMySQL 4.1.22-x86(package format) をダウンロ−ドしました。
そこには、本体のインスト−ラ−や、環境設定用のインスト−ラ−も入っていたので、
それをインスト−ルしました。
そうすると、/usr/local/の中に、mysql 4.1.22とそのエイリアスのmysqlというファルダ−が
出来ました。(ちなみに私は、極力タ−ミナルを使いたくないので、OnyXで不過視ファルダ−を見える様にし、Finderで操作しています。)

そして、ライブラリの/Library/PreferencePanes/の中には、MySQL.prefPaneが有り、
/Library/StartupItems/の中にはMySQLCOMというフォルダ−が出来ていたので、
それをそのまま使う事にしました。
しかしこのままでは、mysql 4.1.22の環境という事になりますので、/usr/local/の中に
新しいmysqlファルダ−を作り、その中にMySQL 5.0.51aの中身を入れ替え、元からあった
mysql 4.1.22とそのエイリアスのmysqlというファルダ−は、内容が同じ事を確認し削除しました。
しかし,システム環境設定のMySQLからはStart/Stopがやはりできませんでした。

それと、関係があるかは分かりませんが、/private/etc/の中にmysql.confも様なものが、
見つかりませんでした。
/usr/local/mysql/の中にconfigureというファイルが有ったのですが、
コレは関係があるのでしょうか?
また/usr/local/mysql/bin/の中にはmysqlaccess.confというファイルも見つけました。
設定ファイルを/private/etc/に移動するのは、不安があるので、そのままにしていますが、
どうすれば良いか分かりません。
何かアドバイスを頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

namahageさん
先日はご丁寧に、ご指導頂きまして有難う御座いました。
私も、あれから途方に暮れてしばらく放置していたのですが、
昨日久しぶりに、mysqlのサイトをみて新しいバージョンの
mysql-5.1.26のpackage format downroadsが有ったので
downroadしてみました。
mysql-5.1.26-rc-osx10.5-x86というdiskimageがデスクトップに出来たので
インストールしてみると、意外に簡単にインストール出来ました。
packageはmysql本体とMySQLStartupItem.pkgで出来ていて、
数分で済みました。
なんか、驚く程あっけなく出来たので、起動しているか
不安になりアクティビティモニタすぐにチェックしたのですが、
案の定ダメでした。
あきらめず、再起動した後、インストールpackageの中に有った、
MySQL.prefPaneをライブラリのPreferencePanesにある古いファイルに上書きしてみると
なな..なんとアクティビティモニタで起動が確認されました。
なんか出来てしまえば、今までの苦労は何だったんだろう?
って思う今日この頃です。
改めて、お礼と報告をさせて頂きますので、よろしくお願いします。
また、今後webminについても、何か分かり次第ご報告致します。
以上

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : 伊太利屋次郎 @ 2008-09-01 13:26:34 編集 引用

mysql-5.1.xはまだリリース候補版です。5.0.67が安定版です。8月には5.1を安定版にするという情報があったようですが,5.0.67にバージョンアップしています。この5.0.67でもpackage formatを使えばしんまいさんが体験されたように,簡単にインストール・稼働します。ただし,PPCマシンでは5.0.67はLeopard版のpackage formatがリリースされていません。しかし,tar package版ではLeopard版がありますのでこれを使うこともできます。ただし,しんまいさんの以前の体験のように裸(?)のmysqlですので,prefpaneもstartupitemもありません。PPCで5.0.67を使うには,このtar packageを展開して,/usr/localに移してmysqlにシンボリックリンクを張ります(ln -s)。そして5.0.67のPPC 10.4版を展開してできたprefpaneとstartupitemを流用すればオーケーです。もっとも,PPCのleopardに10.4版のpackage formatを使っても,問題なく(?)動きました。次期のMac OSXはPPCをサポートしないようですので,mysqlのPPCのバージョンアップはこんな調子なんでしょうね〜

Re: Mac OS X(Leopard)とサーバー稼業-いまわかっていること-

From : namahage @ 2008-09-03 20:03:05 編集 引用

しんまいさん、伊太利亜次郎さん、どうもこんにちは。

しんまいさん、MySQLが無事に稼働できてなによりです。これからが楽しみですね。
動いてしまうとほんと拍子抜けで、今まで何やってたんだろうと思うことが私もあります。
ここで躓いてしまうと目的の環境にたどり着けなくてやきもきしますし。
伊太利亜次郎さんのかかれているようにパッケージ版の利用が近道なんですよね。

このさきPPC版はどんどん肩身が狭くなって行くに違いないようですので、なにかその辺を補えるTipsかソフトウェアでも作れたらいいなと思っています。

XserveG4,G5がOSサポートから引退になるタイミングでMySQLもどうなるのか気になります。PPCまだまだ現役なんですけどねー。もったいない。

どうもこのごろ更新が滞ってしまっています。
この間、私がメインで管理している環境もIntel Mac、Leopard化したり、夏の暑さに負けHDDが一台昇天したりと、いろいろと動きがありましたけれども、安定動作環境を備えるところまではこじつけることができました。

Leopard環境はいまだに謎が多いのですが、そこそこに安定してきたなという印象です。
いずれにしても課題は、Firewallとlaunchdにつきると感じました。

Firewallの動作はよくわからないことがあります。
FileMakerPro8.5では、ポート解放をしているのにブロックされてしまうことがありました。打つ手もなくログばかりが記録されていくのに参りました。
launchdはちゃんと制御ができずに、暴走させてしまったりしています。もう少し知識を整理しないとまずいなと感じています。書くのはなかなか難しいです。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。