6 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 6 / 6

» Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

Re: Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

From : 福助 @ 2007-12-30 01:04:11 編集 引用

DNSサーバーの事では大変丁寧に教えていただきありがとうございました。
私も色々やってみようと思いチャレンジしているところなのですが、
ウェブメールの設定でつまづいてしまいました。
このページをみながらログイン画面まではたどりついたのですが、名前とパスワードを入力すると
Error opening ../data/default_pref
Could not create initial preference file!
/var/local/squirrelmail/data/ should be writable by user www
Please contact your system administrator and report this error.
というメッセージが出てしまいます。
dataフォルダーのオーナーはwwwになっているのですがどうもうまくいかないみたいです。
環境は
SquirrelMail version 1.4.13
OSX10.4.11
です。

Re: Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

From : namahage @ 2007-12-30 09:17:14 編集 引用

どうもこんにちは。
サーバーに用意したサービスで、一番便利だなと思うのは、ウェブメールですね。
パスワードの管理が心配なので最低SSLで対処したいところですが、おすすめですのでがんばってみてください。

さて、 エラーの件です。

Could not create initial preference file!
/var/local/squirrelmail/data/ should be writable by user www

この部分から、SquirrelMailのdataフォルダの場所が正しく設定されていない事が予想されます。
バージョンがあがって設定の仕方なども変わったんでしょうか。

/var/local/squirrelmail/data/

となっているところに問題がありそうです。
私の使用しているSquirrelMailとバージョンがちょっとだけ違うので、試してみないとわからないのですが、一度以下を確認、試してみてはどうかと思います。

1, Finderの「情報を見る」からSquirrelMailフォルダのdataフォルダについて「所有者とアクセス権」を表示させます。
2, dataフォルダの所有者がwwwになっていて、なおかつ、読み書きになっているかを確認してみます。
3, 読み書きになっていなければ所有者のアクセス権を修正します
4, ターミナルでSquirrelMailのconfigureを起動させます。
5, General Optionsを開きます
6, Data Directory の項目を以下のように修正します。

/var/local/squirrelmail/data/

となっているのを

../data

7, Attachment Directoryの項目を以下のように修正します。

/var/local/squirrelmail/attach/

となっているのを

$data_dir

または

../data

8, あとはSave dataを実行して、configureを終了します

この手順でどうでしょうか。
以前はなにもしなくてもよかったのですが、バージョンがあがっていろいろと変更が加えられているのかもしれません。それともセキュリティの関係なのでしょうか。
いずれにしてもこのページも少し修正しないといけなそうです。

それではがんばってみてください。

ありがとうございました

From : 福助 @ 2007-12-30 10:34:06 編集 引用

おかげさまで無事接続する事ができました。
ちなみに
configureでGeneral Optionsを開いたとき
Data Directoryの所も
/var/local/squirrelmail/data/
となっていました。
そこはいじらずに接続しようとするとやはりできませんせしたので
Data Directoryの所も../dataに変更したところみごとつながりました。
やっぱりUNIXは難しいです、、、が、このサイトで勉強しようと思います。
ありがとうございます。

Re: Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

From : アメリカン @ 2009-06-21 15:02:53 編集 引用

こちらの情報を見て、一気にSquirrelMailの導入にまで漕ぎ着けました。
私は一部の環境が違っているものの(具体的には、1. opensslとphpにMacPortsのものを使用、2. SquirrelMailは最新の英語版を使用 3. SSL on Apache)、一カ所、SquirrelMailの設定がこちらの指示通りだとログインできませんでしたので、ご報告します。

その設定は、
Secure IMAP (TLS) : false
としている箇所です。
私の場合は、"true" にしないと、下記のようなエラーがログに出て、ログインできません。

edu.washington.imaps[3855]: launchproxy[3855]: /usr/local/libexec/imapd: Connection from: ::1 on port: 50895
imapd[3857]: SSL error status: error:140760FC:SSL routines:SSL23_GET_CLIENT_HELLO:unknown protocol

また、半ば余談になりますが、ThunderbirdからローカルIMAPに接続する時は、
TSLでなく、SSLという項目を選ばないと駄目でした。
ここでのTSLとの違いを私がよくわかっていないのですが、
最初の問題も、実質SSLの事を言っていて、そうでないと接続不可になっている気がしました。

Re: Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

From : アメリカン @ 2009-06-21 15:13:59 編集 引用

すみません、今度はコメントなのですが、
Webmailサービス導入の前提を辿っていくと、
phpMyAdminや、SQL Serverの導入が先という手順になっている訳ですが、
これは必要ないので、リンクから外したほうが良いかと存じます。

PostfixでSQL Serverを使う事はできますが、ここではそういう設定にされていないので、SQL Serverも、その管理ツールのphpMyAdminも不要です。(また、管理ツールなら、MySQL Adminの方がインストール一発で楽で良いと思いました。) こうなると、.htaccessの修正も不要になり、合計三つの手順が外れます。

Re: Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

From : namahage @ 2009-06-23 07:55:23 編集 引用

どうもこんにちは.
備忘録と仲間内向けからここまでよちよち歩きしてきたサイトですがお役に立つ内容があればうれしい限りです.

SquirrelMailの設定ですね.

Secure IMAP (TLS) : false

UW IMAPとの組み合わせでの構築ですのでまちがいなくTLSが必須です.私もまちがえずサイトのほうにはtrueとするように記述したつもりでいましたので,あれ,そうだっけ?と思いまして,今し方確認をしてみました.

設定の項目をみたところ,サイトの記述にミスがあることがわかりました.
Secure IMAP (TLS) の項目は,たしかにtrueと記述されていたんですが,そのあとのSMTPの設定を行うステップで,Secure SMTP(TLS)と書かなければいけないところを,Secure IMAP(TLS)と記述してあり,ここがfalseのままでなっていました.

表のコピーペーストでうっかり見落としたのだと思います.
順当に上から下へ作業をした方は,はまらず進めたかもしれませんが,「えーと,Secure IMAP(TLS)の設定ってどうだっけなぁー.」のように,検索しながら作業をした人はおそらくはまった人がいたかもしれませんですね.あとで直しておきます.

それと事前に済ませておきたい作業のほうですね.

Mac OS XにEntropyPHPをインストールしよう
Mac OS Xをメールサーバーにしよう-Postfix編-
Mac OS Xをメールサーバーにしよう-POP3 & IMAP編-
.htaccessでphpMyAdminのアクセス制限をしよう (httpd.confの設定変更のところ)

この四つ目は不要ですね.
だいぶ前のログなのでなぜ入っているのかログを書いた本人がもう思い出せません.
何にしても作業の妨げになるのは間違いなのでこれも消しておきたいと思います.
これもコピペのとき消し忘れた結果のような気がします.

MySQLの管理ツールはMySQL Administratorのほうが楽ですよね.
なんとなくですが私がMySQLをいじり始めた当時はリリースまだされてなかったように思います.Web上の情報もphpMyAdminばかりでしたので,そのまま,どどどっとphpMySQLに進んだというわけです.もっと前にあったら,作業が楽だったろうなぁと思います.

ちなみにいまのぞいてみたらサーバーコンディションを表示できるdashboardまで梱包されてるんですね.驚きました.

ブラウザだけあればポート80番でどこからでも管理ができるちょっとややこしいけど汎用性の高いphpMyAdminか,インストールは必要ですが,ポート3306などの解放をすませれば,純正の安心感と,手軽かつ軽快,強力に管理できるMySQL Toolsか.これは心が揺れます.

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。