15 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 15 / 15

» Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : mano @ 2007-10-28 16:53:44 編集 引用

すばらしいソフトウェアありがとうございます。

OSX10.4.10で試しました。
ファイルのコピー、削除はできました。
しかしフォルダやファイルの名前を変更できませんでした。
Finderに予期しないエラーが起きましたと言われます。
エラーコード-43

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2007-10-29 09:56:27 編集 引用

manoさんどうもこんにちは。

WebDAV SetupPackを公開して、これで気軽にWebDAVを導入できる人も増えるかなと思ったところで、Leopardがリリースになりました。システムの中をのぞいてみると、Web共有がアップデートされており、LeopardではWebDAV SetupPackRC12が使えないですね。
ああ、また修正しないととちょっとめげております。気長に修正していこうかと思います。

さて、WebDAVの名前変更の件です。
私のところでもいくつか試してみました。
身の回りにあるWebDAVフォルダに接続をおこなって、フォルダをコピー、そのフォルダの名前を変更、を試してみました。その結果、名前が問題なく変更できる環境とできない環境があるということがわかりました。

httpd.confに記述された内容を比較しても、全く違いがないために、首をかしげましたが、なんとなくわかってきたのは、名前を変更できないDAVフォルダはLAN内からLAN内にあるDAVフォルダに接続した場合で、LAN外(インターネット越)にあるDAVフォルダに接続した場合では名前を変更できると言うことでした。

たとえば、いま職場にいて、職場のLAN内のサーバーにあるDAVフォルダに接続した場合、DAVフォルダ内にあるファイルなどの名前は変えられませんでしたが、職場から、自宅のサーバーに設置したDAVフォルダに接続した場合は、名前を変更できると言うことです。

WebDAVの処理の中でLAN内とLAN外からではなにか違っているのかもしれません。
これが原因なのかはよくわかっていないのですが。

monoさんも、もし可能なら一度、LAN外から接続をおこなって、名前変更などを試してみていただけると情報が増えて助かります。

アクセスユーザの設定が不能

From : あやつき @ 2008-03-28 12:35:22 編集 引用

10.4.11環境です。
「アプリケーション“md5sum”は、予期しない理由で終了しました。」
Link (dyld) error
Library not loaded: /sw/lib/libintl.1.dylib
Referenced from: /Applications/WebDAV_SetupPack_for_Mac/command/md5sum
Reason: image not found

と、エラーを吐きます。

…、もしかして、このスクリプトも、IntelMac専用でしょうか??

と思って、MacBook Airで、10.5.2環境でやった結果、同じ所で
EXC_CRASH (SIGTRAP)
0x0000000000000000, 0x0000000000000000
Thread 0 Crashed:
0 0 + 2149197242
1 0xb8000000 + 748372
2 0xb8000000 + 749659
3 0xb8000000 + 870932
4 spin_lock_wrapper + 1981

というエラーでした。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2008-03-30 21:27:13 編集 引用

どうもこんにちは。

そうですか。うまくうごきませんでしたか。
IntelMacをメイン環境で持っていないため、Intel用に開発したスクリプト類は少ないく、ほとんどがPPC上での動作を確認したものになります。手元には動作確認できる環境がそれほど多くはないこともあり、OS、CPUが多彩化してきた今、うまくいかないケースも増えてくるかもしれないですね。

「アプリケーション“md5sum”は、予期しない理由で終了しました。」
Link (dyld) error
Library not loaded: /sw/lib/libintl.1.dylib
Referenced from: /Applications/WebDAV_SetupPack_for_Mac/command/md5sum
Reason: image not found

このエラーは何となくわかります。
いまてもとに動作を確認できるマシンがないのですが、このエラーから想像できたことをかいてみます。

/sw/lib/libintl.1.dylibというぱすで呼び出そうとしているライブラリは、Finkによってインストールされたライブラリのようです。通常、Finkをインストールしますと、/swというフォルダとその配下に複数のファイル類が作成されます。私の公開しているWebDAV SetupPackにはこのFinkから実行ファイルのmd5sumだけを取り出して引用し、パスワードの生成をさせています。

md5sumの実行ファイルだけで動くと予想していたのですが、/sw以下のライブラリを要求するとは気がつきませんでした。すこし調整をするか、別の方法を考えないと解決できないかもしれません。

とりいそぎ、できる解決策としては、以下の3つが予想されます。

1,マニュアルでのWebDAVをセットアップする
2,Finkをインストールし、ないといわれているライブラリ類を装備する
3,AppleScriptでパスワード生成部分だけをコメントアウトし、すべての設定を終了後、パスワード設定のみをターミナルを利用してマニュアルで設定

確実なのは1番だと思います。

と思って、MacBook Airで、10.5.2環境でやった結果、同じ所で
EXC_CRASH (SIGTRAP)

これも、上記の件に関係するのかもしれないと思っています。
Finkのライブラリ類を呼び出そうとしていることと、パスワード生成を行うmd5sumは、PPC上でコンパイルしたものですので、Intel上では、コードの関係、うまく動作しないのかもしれません。あらためてIntel上でコンパイルしたmd5sumをSetupPackに用意しないといけないかもと、予想しています。

すみません。RC版ということでどうぞご勘弁をください。
近いうちにテスト環境をつくって試したら、修正に取り組みたいと思います。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2008-04-02 22:24:14 編集 引用

「アプリケーション“md5sum”は、予期しない理由で終了しました。」
Link (dyld) error
Library not loaded: /sw/lib/libintl.1.dylib
Referenced from: /Applications/WebDAV_SetupPack_for_Mac/command/md5sum
Reason: image not found

これを解決する方法が見つかりました。
いやはや簡単でした。わざわざmd5sumを利用する必要はなかったようです。

近日中に修正版をリリースしたいと思いますが、取り急ぎの対応として以下にまとめておきます。

1,
アプリケーションフォルダのWebDAV_SetupPack_for_Macにある「WebDAV_Setup_Script」をスクリプトエディタで開きます。

2,
スクリプトの中から次の行を探します。
do shell script "echo " & DAVUSER & ":" & "WebDAV:" & DAVPASS & " | tr -d '\\n' | /Applications/WebDAV_SetupPack_for_Mac/command/md5sum | tr -d '-' | tr -d ' '"

3,
みつかったら、その行の頭に--をつけて無効にしてください。次のようにです。
--do shell script "echo " & DAVUSER & ":" & "WebDAV:" & DAVPASS & " | tr -d '\\n' | /Applications/WebDAV_SetupPack_for_Mac/command/md5sum | tr -d '-' | tr -d ' '"

4,
そのすぐしたに次の一行を追加します。
do shell script "echo " & DAVUSER & ":" & "WebDAV:" & DAVPASS & " | tr -d '\\n' | md5 | tr -d '-' | tr -d ' '"

5,
以上で作業は終了です。エディタの実行ボタンを押して、SetupPackをスタートさせます。
一応わかりやすく書いておきますと、修正を加えた部分周辺はだいたい以下のようになっているはずです。


--passフォルダ内にユーザーアカウントとパスワードを含むファイルを作成します。
display dialog "davフォルダにだれでもアクセスできる状態だと困りますので、アクセス制限をかけます。まずdavフォルダにアクセスできるユーザー名を入力してください。英数字に限ります。" default answer "hogehoge"

set DAVUSER to text returned of result
display dialog "そのユーザーのパスワードを入力してください。英数字に限ります。" default answer "sukinapassword"
set DAVPASS to text returned of result

--do shell script "echo " & DAVUSER & ":" & "WebDAV:" & DAVPASS & " | tr -d '\\n' | /Applications/WebDAV_SetupPack_for_Mac/command/md5sum | tr -d '-' | tr -d ' '"
do shell script "echo " & DAVUSER & ":" & "WebDAV:" & DAVPASS & " | tr -d '\\n' | md5 | tr -d '-' | tr -d ' '"

set DIGEST to result

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : 糸山@福岡 @ 2008-10-03 13:43:48 編集 引用

namahageさん、いつも情報をありがとうございます
ありがたく使わせていただいています

こちらの情報を元にwebdavサーバを構築して無事に稼働しています
場所と静音性の問題でMacMiniをサーバとして使っているのですが………
いかんせんハードディスクの容量が少なく、データを置くのに限界を感じています

そこでWebDavの公開フォルダを別のボリューム(外付けHDDなど)に移動させたいのですが・・・
そういう方法はあるのでしょうか?

いろいろ検索するのですが引っかかってくれません
ユーザーフォルダなどの移動は目にするのですが・・・

お手数だとは思いますが、ヒントをいただけたらと思います

server:
MacMini(intel) Tiger10.4.11

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2008-10-04 09:21:34 編集 引用

糸山@福岡さん、どうもこんにちは。
うまく情報がまとめられず試行錯誤の毎日なのですが、それがすこしでもお役に立てているようでしたら本当にうれしい限りです。

さて、WebDAVの公開フォルダを別のボリュームに持って行く方法です。
私はまだ外部に設定をしたことはないのですが、これはhttpd.confファイルをちょっと書き換えてあげることで可能になると思います。

まず基本的な情報を簡単にお伝えしておきます。
Mac OS Xで外付けのボリュームを接続するとデスクトップに表示され、システムがインストールされているディスクとはまるっきり独立した関係のように見えます。これはOSの親切機能のおかげです。実際には、外付けやネットワーク上でマウントされるディスク類はシステムディスクの見えないところにある「Volumes」フォルダ以下に格納されていきます。

ちょっとわかりにくいかもしれませんので例を挙げますと、仮にいまOSの入っているボリュームを「Macintosh HD」、外付けのボリュームを「ShigashimaHD」とします。すると「Machintosh HD」までのパスはUnix的には

/

と「/」だけで表されます。ルートと呼びます。
「ShigashimaHD」は、実際には「Macintosh HD」の中の不可視フォルダ「Volumes」以下にあることになりますので、

/Volumes/ShigashimaHD

で表されることになります。
不可視ファイルを表示させるソフトやエディタのmiを使ってみるとその関係がわかりやすいかと思います。

というわけで、こんな具合に外部ボリュームのパスはできていますので、あとはここまでのパスをhttpd.confに記述すればOKということになります。具体的には

<Directory /Library/WebServer/Documents/dav/>

という記述のところを、

<Directory /Volumes/ShigashimaHD/dav>

といった形に書き換え、davフォルダにあとは適切なアクセス権を設定すればうまくいくと思います。
それではがんばってみてください。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : 糸山@福岡 @ 2008-10-11 05:38:26 編集 引用

コメントありがとうございますm(__)m
対馬(ご存じでしょうか?)という所に仕事で軟禁されてましたのでレス遅くなりました(^_^;

非常にわかりやすい説明をありがとうございます
すぐにでも試したいのですが、明日からまた今度は福山に軟禁されに行かなきゃです<笑>
来週帰ってからすぐに試してみたいと思います

成功しましたらまた報告に参ります

ありがとうございましたm(__)m

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : thomas @ 2008-11-20 01:31:57 編集 引用

度々お世話になっております。
ず〜っとWebDAVが使えなくてこのツールを利用したら、
あっさり問題なく利用することが出来ました。
参考までに教えていただけると嬉しいことあります。

他のサイト等も拝見してWebDAVの設定をしたのですが、
httpd.confの404エラーページ飛ばされていました。

ドキュメントルートにアクセスした場合、
「.htaccess」でユーザーページにリダイレクトをしていたのですが、
それが原因だったのでしょうか?

例)
Redirect permanent / http://ドメイン名/~ユーザー名/
※上記を外してURLリライトで運用したところWebDAV接続成功しました

何かずっと挫折して出来なかったWebDAVの設定があっさり出来て、
充実感に満たされております。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2008-11-20 22:50:24 編集 引用

どうもこんにちは。

報告ありがとうございます。
WebDAV Setup Pack、ちゃんと動いてくれていたようでホント安心しました。
スクリプトを見直すと、ああ、あそこもなおしたいとか、もっとうまい方法があるじゃないかとか思ったりする中身で、使った人がはまりこまなければいいなと、思いながら過ごしています。

さて、404の件ですが、おそらくthomasさんが設置していた.htaccessのリダイレクトについての記述が原因だと思います。

Redirect permanent / http://ドメイン名/~ユーザー名/

この記述が有効になっていると、たとえば

http://hogehoge.com/webdav/

を呼び出したとすると、

http://hogehoge.com/

の部分は、.htaccessの記述によって

http://hogehoge.com/~ユーザー名/

に置き換えられます。ということはどうなるかというと、http://hogehoge.com/のところをごそっとhttp://hogehoge.com/~ユーザー名/に置き換えて、さらに/webdav/が追記された、

http://hogehoge.com/~ユーザー名/webdav

を呼ぶことになります。
ユーザーのSitesフォルダにwebdavという名前のフォルダはおそらくないと思いますので、404で帰ってくることになります。もしSitesフォルダにwebdavフォルダがあれば、使いたい方のwebDAVフォルダではなくて、そちらの方が呼び出されてしまうことになるわけです。

WebDAVフォルダはつかえるととても便利ですよね。
私はiCalのカレンダー共有として使っています。手放せない機能です。

WebDAVを構築するのに、ああでもないこうでもないと、悶々とするよりも、あっさりと構築して、できあがったWebDAV機能をどんな風に役立ててやろうかなー、なんてことに労力を注ぐ方が、よっぽど生産的に違いないって思ったりしています。

またそんなふうなお手伝いができるツールを、作っていけたらいいなと考えています。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : はじめ @ 2009-03-18 11:05:10 編集 引用

WebDAV_SetupPack_for_Mac_RC131を使わせていただきましたが、DAVフォルダの作成が繰り返され、先に進めません。どうやらパスワードの設定がうまくいかないようです。何か対処方法はありますでしょうか?

当方、Intel Mac + MacOS X 10.5.6 です。よろしくお願いします。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2009-03-20 08:25:36 編集 引用

どうもこんにちは。
DAVフォルダの作成が繰り返されてしまいますか。
いま少しずつ、スクリプトの見直しをやっているところです。少し調べてみます。

おそらく、DAVフォルダの作成が繰り返されるのはかかれているとおりパスワード作成で転んでいるか、もしくはすでに/Library/WebServer/Documentsにdavという名前のフォルダが作成されているからかと思います。一度、「設定フォルダ削除」スクリプトを実行して、それからもう一度セットアップを試してみてください。

それでうまくいかなかったときはまた掘り下げて考えていきましょう。

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : トト @ 2009-04-12 11:49:51 編集 引用

WebDAV_SetupPack_for_Macを使用してWebDAVの設定をさせてもらいました。
インストールから設定完了まで非常に簡単にできました。すばらしいソフトをありがとうございました!

が、しかし、Macからのアクセスは何の問題もなく可能なんですが、Windows XPからのアクセスがうまくいきません。
症状としては、アクセスを試みてはいるものの、設定してあるユーザー名&パスワードを入力しても繋がらないという状態です。
もちろん、同じユーザー名&パスワードでMacからはアクセス可能なんですが、Windows XPからだとダメなんです。

WebDAV_SetupPack_for_Macで設定したWebDAVフォルダにWindowsからアクセスするには何か他に特別な設定がいるのでしょうか?

よろしくお願いします m(_ _)m

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : namahage @ 2009-04-12 22:06:07 編集 引用

どうもこんにちは。
SetupPackの動作具合、教えていただいてありがとうございます。
うまく動いてよかったです。環境を変えてのチェックはむずかしくて、情報をいただけるのは本当に助かります。

さて、WebDAVフォルダにWindowsからアクセスできないという件です。
トトさんの環境はひょっとしてMac OS X 10.4.xですか。
Mac OS X10.5以前の環境ではパーソナルウェブ共有のコア部分にあたるApacheのバージョンが古いため、そのままではWindowsからアクセスができないのだそうです。

とむねこさんのぺーじ
http://homepage1.nifty.com/glass/tom_neko/web/web_webdav.html

これではせっかくの機能がもったいないので、私の配布していますWebDAV SetupPackでは、問題を解決するためのModuleがインストールされるようにしてありました。

実のところ、その動作具合についてのチェックが不十分でして、ひょっとしたらそこにまだ不足があるのかもしれません。

とりあえず、一度、Finderからフォルダへ移動を実行して、/usr/libexec/httpd/を開いてみてください。そこにmod_auth_digest.soというファイルがあるかさがしてみてください。もし見つかったらそのファイルの変更日がいつになっているかチェックしてみてもらえますか?

Re: Mac OS Xでファイルサーバー-WebDAV SetupPack編-

From : トト @ 2009-04-12 23:32:25 編集 引用

namahageさん

返信ありがとうございました。

こちらの環境はiMac(アルミ)のMac OS 10.5.6です。
それで、こちらに質問のポストをした後にふたたびいろいろ調べていたら、1つだけ見落としていた部分があり
それを試したらWindows XPからもきちんと接続できました!

見落としていたのは、Windows XPからの接続の際にWebDAVフォルダ名の後に「?」をつけるというものです。
たったこれだけ???と思いましたが、実際にたったこれだけのことでうまく繋がり、ファイルの書き込みも
取り出しも問題ありませんでした。

お騒がせしてすみませんでした。

とても使いやすく、簡単に設定できるソフト(スクリプト)を本当にありがとうございました。
WebDAVだけでなく、他のものも参考にさせてもらいます。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。