4 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 4 / 4

LeopardアップブレードインストールでWeb共有に不具合

From : namahage @ 2007-10-27 10:24:04 編集 引用

Leopardをアップグレードインストールしました。
インストール前に、fsckを行ってからの実行でした。

アップグレード完了後、phpの動作を確認したかったため、Web共有機能をオンにして、ユーザーサイト内にhtmlファイルとphpファイルを設置しました。

設置ページにSafariでアクセスしたところ、403 Forbiddenで拒否されました。
はて、どうしたものかと思いまして、とりあえずサイトのルートである/Library/WebServer/Documentsにファイル類を移動させ、アクセスしたところ、こちらは問題なくアクセスできました。

とりあえず、アクセスできないのはフォルダのアクセス権がおかしいからではないかという予想をたて、ホーム内のフォルダ、ファイルについてFinderでアクセス権をチェックしたところ、グループのアクセス権が「不明」となっていることがわかりました。ただしその他のアクセス権が「読み出し可」になっているのでここは問題ではないことが予想されました。

話題がそれますが、この「不明」を修正してみようかと、Finderでアクセス権の変更を行おうとしたところ、FinderがCrashし変更ができないこと、Terminalで確認するとFinderでは「不明」になっていたグループがターミナル上では「ユーザー名」になってることなど、課題がいくつか持ち越しになりました。ちなみに新規でユーザーを作成するとグループはstaffになることがわかりました。

とりあえず新しくアカウントを作成し、新規に作成したユーザーのサイトにアクセスできるかをためしてみたところ、これは問題ありませんでした。

新規に作成したユーザーのサイトフォルダにはアクセスでき、アップグレードで持ち込んだユーザーにはアクセスできないというところから、Web共有(apache)側の設定を確認することにしました。

/etc/httpd/httpd.confの設定を確認したところ特に気になる部分はありませんでしたが、/etc/httpd/users/*.confを確認したところで気がつきました。先ほど作成したユーザーの「ユーザー名.conf」が見当たらないことです。

ここまできて、確認場所を間違っていることに気がつきました。
LeopardではApacheが1.3系から2系にシフトしたとのことでしたので、
あらためて

/etc/apache2/users

を確認したところ、users内に先ほど新規作成したユーザーの「ユーザー名.conf」がありました。しかし、アップグレードインストールで持ち込んだユーザーについてのconfファイルが存在していないことがわかりました。原因はここのようです。

そこで

/etc/httpd/users/

から

/etc/apache2/users

に各ユーザーのconfファイルをコピーさせることにしました。
この操作で解決しました。無事今まで使用してユーザーでもWeb共有を利用することができるようになりました。以下に解決手順をまとめておきます。

解決方法
1. Finderの「フォルダへ移動...」から/etc/httpd/usersを開く
2.Finderの「新規Finderウィンドウ」でもう一つウィンドウを用意
3.Finderの「フォルダへ移動...」から/etc/apache2/usersを開く
4./etc/httpd/users内のconfファイルをapache2側へドラッグドロップでコピーします。(もし同じ名前のユーザーがある場合は中身を確認)
5.認証を求められるので管理者として対応
6.ターミナルからsudo chown -R root:wheel /etc/apache2/usersを実行
8.システム環境設定から「共有」を開いて「Web共有」を一度オフ後、もう一度オン(Web共有の再起動)
9.http://localhost/~ユーザー名でアクセス可能かをチェック

アップグレード時に/etc/httpd/users内のユーザー名.confをapache2側に移行されなかったのは私の環境だけかもしれませんが、今後同じような現象にあわれる方がいたときの情報においておきます。

Re: LeopardアップブレードインストールでWeb共有に不具合

From : tk @ 2007-11-21 05:34:19 編集 引用

すばらしい!
私も同じくforbiddenでアクセスできず、アクセス権の修復では、警告の嵐に見舞われ、「えー、クリーンインストールするの?」っと、ちょっとびびっていたところでした。
web共有、回復しました。
ありがとうございます。

Re: LeopardアップブレードインストールでWeb共有に不具合

From : namahage @ 2007-11-21 23:39:07 編集 引用

tkさん、どうもこんにちは。

そうでしたか、やはり私のほかにも同じような状況になっていた方がいたのですね。
情報をありがとうございます。
はやいことこの問題がAppleさんの手で、対策してもらえるようになるといいです。

Re: LeopardアップブレードインストールでWeb共有に不具合

From : gen @ 2008-01-11 12:58:52 編集 引用

はじめまして。まったく同じ現象で悩んでおりましたが,この記事を読んで無事解決しました。どうもありがとうございます。
Leopardは,DickUtilityのSUIDファイルのエラーをはじめ,アクセス権絡みでまだ問題が多そうですね。早く10.5.2で解決されることを望むばかりです。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。