5 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 5 / 5

» Mac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-

Re: Mac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-

From : tico @ 2007-09-06 22:47:34 編集 引用

こんにちは、こちらのサイトをいつも参考にさせていただいております。
おかげさまで、mySQLのインストールも、Open PNEのインストールも無事にできました。
そこで、Open PNEのconfig.phpでSNSサイトのアドレスを設定する時に、ダイナミックDNSで
SNSのアドレスを設定すると、// Web上の絶対パス(URL)(最後にスラッシュを付けてください)
define('OPENPNE_URL', 'http://hogehoge.ddo.jp/openpne/public_html/');のようにすると、外部インターネットからはアクセス出来ますが、自分のサーバ機からはルータの問題でアクセス出来ないです。
これを解決するためにMac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-を実行してみたのですが、webminのバージョンが違うのでインターフェースが少し違いました。
でも、中身は一緒だろうと思ってその通りに進めていたのですが、最後のネームサーバの起動でエラーが出て起動できません。
一体何が問題でしょうか?

うちはネット環境に、AirMac Expressを使っています。これのせいで、多少IPを手入力にしたり設定を変更しています。
これが何か関係しているのでしょうか?
設定は以下のサイトを参考にさせていただきました。
http://tanakaa.selfip.com:8008/ppp/arc/macintosh/macos_x/server_on_macos_x/
もし原因がお分かりのようでしたらご教授ください。

もしこれで、解決できない場合、どうやっても自分のサーバ機からは更新できないのでしょうか?
とても残念です。

Re: Mac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-

From : namahage @ 2007-09-07 23:32:00 編集 引用

ticoさん、どうもこんにちは。
ちょうどBINDの設定を調整する新しいログを書いているところでした。

DNSはなかなか仕組みがわかりにくくて、むずかしいなといつも思います。
私自身も実のところよくわかっていないところが多くて、調整するたびに心拍数が上がります。

さて、BIND9の起動の件です。なにかエラーのようなものは表示されますか?
単純に「ネームサーバーの起動」を押しても「起動」にならないということですか。
コンソールにはどういうエラーが出ていますか?

とりあえず今いじることができるマシンにWebminをインストールし、BINDの起動をテストしてみましたところ、確かに起動しないですね。Unknown errorで起動できません。

コンソールを開いて、ログを確認してみたところ、

named[808]: starting BIND 9.3.4 -c /etc/named.conf
named[808]: /etc/named.conf:4: open: /etc/rndc.key: file not found
named[808]: loading configuration: file not found
named[808]: exiting (due to fatal error)

とあります。
どうやらrndc.keyがないために起動できないということのようです。
そういえばフォーラムでも、以前、rndc.key関係で起動できない旨の書き込みがありました。

BINDの設定
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/forum/topic.php?tid=36

ここの内容を参考にすればうまく起動まで持って行けると思います。少し整理しますと、まずしなくてはいけないのは、rndc.keyを/etcに作成することのようです。rndc.keyを作成する方法ですが、Webminにはrndc.keyを設置する「Setup RNDC」という項目が用意されていますがうまくできません。なのでターミナルからコマンドを入力して作成してしまいます。実行するコマンドは以下です。

sudo /usr/sbin/rndc-confgen -a

これでrndc.keyができあがります。さあ、これでオッケー、起動可能か!と思いたいのですけれども、「ネームサーバの起動」を押してもやっぱり起動はしません。今度は

/etc/named.conf:61: key 'rndc-key': already exists previous definition: /etc/rndc.key:1

というエラーで停止します。これは、rndc.keyファイルの内容とnamed.confの内容にダブっているところがあるから起動できないですよ、という意味です。

そこで、/etc/named.confを編集していきます。
Finderの「フォルダへ移動」で/etcフォルダを開きます。
なかからnamed.confを見つけたらデスクトップにコピーします。
(万が一に備えかならずもう一つバックアップをとるのを忘れないでください)

named.confをmiなどのテキストエディタで開きます。
開いたら61行目から始まる4行

key rndc-key {
algorithm hmac-md5;
secret "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx";
};

を削除し、保存します。
保存がすんだらこのファイルを/etcフォルダに書き戻してあげてください。ことの時、認証を求められますので、認証を押して先に進みます。
書き戻し作業が済んだら、Finderの「情報を見る」を実行し、所有者とアクセス権を変更します。オーナーをシステムに、グループをwheelにです。変更はグループを先に行います。

これですべての作業は終了です。
あとは「ネームサーバの起動」を押してください。
無事起動すると思います。

ただこのままですと、Tigerの場合は、Macを再起動したとき、自動的にBINDが起動してくれません。Macを再起動するたびにWebminやコマンドを利用してBINDを起動させないといけません。

Webminにはこのための自動起動を設定する項目が用意されていますが、TigerにはBINDを起動させるためのスクリプトが入っていないようなので、Webminの画面に表示されません。なので、私のサイトにある方法で自動起動をさせようとしても、いきなり行き詰まってしまいます。

そこでTigerではlaunchdという機能を利用して、自動起動するように設定します。
ターミナルから以下のコマンドを実行してみてください。

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist

このコマンドを実行すれば、次回からは再起動後も自動的にBINDが起動してくれるようになると思います。

それから、蛇足気味ではありますが、新しいWebminの外観は、昔ながらのものにも戻すこともできます。webminのChange Language and Themeから、Webmin UI themeを「Old Webmin Theme」にすれば同じ画面になるはずです。

Re: Mac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-

From : tico @ 2007-09-11 03:35:34 編集 引用

namahageさん
丁寧な解説ありがとうございます。
まだ設定完了出来ていないのですが、取り急ぎ。
ありがとうございました。
これでチャレンジしてみます。

Re: Mac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-

From : Masa-P @ 2009-09-12 14:48:47 編集 引用

こちらを参考にさせていただいて、
あきらめかけていたBINDサーバーの起動ができるようになりました。
ありがとうございます。

Tigerだったので、エラーがでて起動できなかったんです。
(コンソールを見ればということには気がつかなかった)
rndc.keyを作成しました。
named.confには該当する場所が無かったので無視しました。
でもちゃんと動きました。

おかげで、auひかりOneにしてからアクセスできなくなっていた自宅サーバーに宅内LANからアクセスできるようになりました(^^)

Re: Mac OS XでDNSサービスを起動させよう-BIND9編-

From : namahage @ 2009-09-26 16:08:31 編集 引用

どうもこんにちは。
BINDはいじろうとすると心拍数が上がるサービスの一つですよね。
本当に仕組みを理解しようとするとすごくハードルが高くて、私もいつも腰が重くなります。

少しでもお役に立っていれば何よりです。
またなにか面白そうな情報があったら気軽に書き込みなどお願いします。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。