19 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 19 / 19

Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2016-12-06 08:41:50 編集 引用

WebDAV_Setup_Scriptを10.6.8で使っていた環境からYosemiteにしたところ、書き換えられている環境はそのまま移行されているようですが、使えなくなりました。古くなったWebDAV_Setup_Scriptなどのスクリプトを、Yosemite環境で保存しなおして実行しても差し支えないものでしょうか?

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2016-12-15 17:41:44 編集 引用

どうもこんにちは。
すみません。なかなかフォーラムのチェックができていなくて返信が遅れました。

そうですね。
じつはわたし、Yosemite環境での動作確認をやったことが無かったりします。
このスクリプトもずいぶんと放置したままになっていましたね。

さきほど、ざっくりと、スクリプトの内容を見直ししてみました。
その雰囲気だと、スクリプト自体は、apache2環境下で動くよう書いてありましたので、Leoperd移行のOS Xでも設定できそうに思います。

ただ、書き換えられている環境が移行されているにもかかわらずWebDAVに接続できてないのだとすると、順番的には、その原因をまず確認してみる方が良いかもしれません。

/etc/apache2/extra内にあるhttpd-dav.confの中身はどんな感じになっていますか?
ちょっと見てもらっても良いですか?

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2016-12-17 10:29:45 編集 引用

httpd-dav.confは、10.6.8のものと比較すると、下記の部分が違ってました。

Alias /dav "/Library/WebServer/Documents/dav"

<Directory "/Library/WebServer/Documents/dav">

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2016-12-19 13:50:19 編集 引用

Yosemite側のhttpd-dav.conf

Alias /uploads "/usr/uploads"
<Directory "/usr/uploads">

Snow Leopard側のhttpd-dav.conf

Alias /dav "/Library/WebServer/Documents/dav"
<Directory "/Library/WebServer/Documents/dav">

といった感じですか?

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2016-12-21 08:00:39 編集 引用

下記の通り、逆のようです。

Snow Leopard側のhttpd-dav.conf

Alias /uploads "/usr/uploads"
<Directory "/usr/uploads">

Yosemite側のhttpd-dav.conf

Alias /dav "/Library/WebServer/Documents/dav"
<Directory "/Library/WebServer/Documents/dav">

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2016-12-22 17:00:19 編集 引用

なるほど、では実際に、/Library/WebServer/Documents/内にはdavフォルダは存在していますか?
それと、ターミナルで以下のコマンドを試してみてもらっても良いですか?

apachectl configtest

実行して、Syntax OKと返ってくればとりあえずは問題なしです。
それから、httpdがYosemiteで起動できているかも、もう一度確認してみてください。
Yosemiteではhttpdがデフォルトではオフになっていると思います。
確認方法は、ユーティリティフォルダから、アクティビティモニタモニタを動かして、メニューの表示から「全てのプロセス」にチェック、リストの中にhttpdというプロセスが見つかるかどうかを試すか、SafariのURLにhttp://localhost/を入力、ページが開けるかをやってみたらどうなるでしょうか?

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin2 @ 2016-12-23 06:03:29 編集 引用

davフォルダはあります。また、httpdも稼働しておりSafariからhttp://localhost/dav/及びhttp://IPアドレス/dav/は、どちらもdenied.pngが表示されます。なお、少し発見がありました。「サーバーへ移動...」で、http://IPアドレス/dav/では即「サーバーへの接続に問題... 」となるのですが、http://localhost/dav/ではログインウインドウが出ました。ただ、今までのIDとパスで接続しても同様に「サーバーへの接続に問題...システム管理者に.. 」となりマウントできません。外部からはhttp://グローバルIP/dav/でdenied.pngが表示されますが、WebDAVクライアントアプリなどのファイルサーバーからのアクセスでは、同様に入れません。

ややこしくてすみません。よろしくお願いします。

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2016-12-26 11:18:50 編集 引用

なるほど、こうなってくるとユーザー認証で転んでいるような気がしてきますね。
まず、
/Library/WebServer/davlock
/Library/WebServer/davpass

フォルダが存在しているか確認してみてください。
存在が確認できたら、次にターミナルから以下のコマンドを実行し、パスワードファイルが実在するか確認します。

sudo ls -al /Library/WebServer/davpass

.htdigestと言うファイルが見つかれば、前の環境から正しく移行はできているはずです。
次に、確認しておきたいところと言うと、コンソール上にどんなエラーが出ているかですね。
ユーティリティフォルダからコンソールを起動し、左側のリストの中から、/var/logを探します。その中に、apache2という階層がありますので、access.logを表示させます。
この状態で、http://IPアドレス/dav/でのアクセス時と、http://localhost/dav/でのアクセス時、どんなメッセージが表示されるか確認をしてみてください。また、同タイミングでのerror.logも読んでみてください。

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2016-12-26 20:00:13 編集 引用

davlock, davpass あります。
.htdigestファイルあります。
access.logには下記の通り

safariでdenied.png表示...
- - <時刻> "GET /favicon.ico HTTP/1.1" 404 209
- - <時刻> "-" 408 -

Finderで...
http://localhost/dav/ ::1 - - <時刻> "OPTIONS /dav/ HTTP/1.1" 200 -
http://IPアドレス/dav/ IPアドレス - - <時刻> "OPTIONS /dav/ HTTP/1.1" 200 -
error.logは何も出ません。

よろしくお願いします。

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2016-12-28 12:05:25 編集 引用

なるほど。

ちょっと時間ができたので、Yosemite環境下ですが、Scriptの動作確認とマニュアルでのWebDAV環境立ち上げをやってみました。
結論から言うと、Scriptのほうは、Yosemite環境下ではまともに動きませんでした。あちこち手を入れないと駄目そうです。

またマニュアルでの設定を試してみたのですが、これもいまのところ、壁にぶつかっています。
駆け足で片付けてしまったのでどこか見落としがありそうなのですが、マウント時に以下のエラーで止まってしまっているようです。

webdavfs_agent[xxxx]: network_mount: WebDAV protocol not supported; file: /BuildRoot/Library/Caches/com.apple.xbs/Sources/webdavfs/webdavfs-368/mount.tproj/webdav_network.c; line: 2738

これはもうすこし情報収集しながらでないと出口まで距離がありそうですね。

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2016-12-28 19:48:19 編集 引用

Webdavをとても便利に使っていました。進展がありましたがお知らせください。
お手数をおかけします。よろしくお願い致します。

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2017-01-10 11:20:00 編集 引用

こんにちは。なかなかご回答できなくてすみません。

El Capitan環境下で、マニュアルでWebDAVファイル共有の構築を試してみました。
上手く動作できるところまで到達できました。
内容的にはYosemiteと変わらないと思いますので、上手く言っていない問題の切り分けなどができそうに思います。
とりあえず、以下のコマンドで、davlockフォルダの中がどうなっているか確認してみてもらっても良いですか?

まずひとつめ
sudo ls -al /Library/WebServer/davlock

です。davlockフォルダのオーナーとグループがwwwになっているか見てみてください。またその中にDavLockDBというフォルダがありますか?そのフォルダのオーナーとグループがwwwになっていますか?

つぎに以下のコマンド、
sudo ls -al /Library/WebServer/davlock/DavLockDB

DavLockDB内にDavLock.dirとDavLock.pagというファイルが見つかりますか?
またそのファイルのオーナーとグループがwwwになっていますか?

(一部修正しました)

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2017-01-10 16:30:17 編集 引用

そうでした。いろいろと試してみたところわかったことがありました。
私のSetup Scriptを実行すると、ブラウザからのアクセスによるdavフォルダ内のリスト化をごまかすため、davフォルダ内にindex.htmlファイル(その他イメージ)をインストールします。
どうもこのindex.htmlファイルが、davフォルダにあるとWebDAVフォルダへのアクセスができない様でした。

ターミナルを利用して、

sudo mv /Library/WebServer/Documents/dav/index.html ~/Desktop

などを実行して、index.htmlをdavフォルダから除いたあと、WebDAVフォルダへのアクセスを試してみてください。

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2017-01-14 16:59:23 編集 引用

お世話になります。

まず、davlockは、/Library/WebServer/Documents/davlockではなく、/Library/WebServer/davlockにあり750_wwwです。そして、そのdavlockの中にDavLockDBは無く、davlockの中にDavLockDB.dirとDavLockDB.pagがありwwwです。

indexファイルは、削除しても変わりませんでしたので、元へ戻しました。OS以降前のDav内の書類は、そのまま以降されており、Safariから直リンクでアクセスは出来てます。

よろしくお願いします。

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2017-01-21 10:35:03 編集 引用

なるほど。こうなってくると、初心に戻って一つ一つ確認していくしかなさそうですね。
httpd.confのなかの記述、Includeまわりでコメントされたままになっているところがないか調べてみましょうか。

httpd.confをデスクトップにコピーし、エディタで開きます。万が一に備えて2つコピーしておくと安心です。次に検索を利用して、davというキーワードを探していきます。おそらく、

LoadModuleで3箇所
Includeで1箇所

見つかると思います。
この行の頭に#がついていないかチェックしてください。
もしついているようなら、削除します。

削除が終わったら、
sudo cp ~/Desktop/httpd.conf /etc/apache2

を実行します。
それから、
sudo apachectl restart

を実行して、apacheを新しい設定で再起動します。
一応、問題の切り分けをするために、davフォルダ内のindex.htmlは、除いた状態で試してもらっても良いですか?

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2017-01-21 21:07:30 編集 引用

#を計4箇所削除しリスタート、indexを外したところ、今まで出ていた「http://localhost/dav/」ログインウインドウが、出なくなり、IP指定の場合と同様に「サーバーへの接続に問題...システム管理者に.. 」となります。他は特に変わりません。safariでは、直リンク、http://IP/dav/httpimages/denied.pngが表示できます。

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2017-01-26 18:22:24 編集 引用

では次に、httpd.confを開き、LoadModuleの中からmod_auth_digest.soを含む行を見つけてください。
この行頭に#がついていれば削除します。
削除が終わったら、前回同様apacheを再起動して、接続できるか試してみてください。

それで、上手くいかないようでしたら次は以下を試してみて貰えますか。
/etc/apache2/extra/httpd-dav.confを開き、それぞれの項目を以下の内容にして下さい。
davフォルダの指定先は、ご自分の環境に合わせてみてくださいね。
あと元ファイルのバックアップも忘れずに。

DavLockDB "/Library/WebServer/davlock/DavLockDB"

Alias /dav "/Library/WebServer/Documents/dav"

<Directory "/Library/WebServer/Documents/dav">
Dav On

Order Allow,Deny
Allow from all

AuthType Digest
AuthName WebDAV
# You can use the htdigest program to create the password database:
# htdigest -c "/usr/user.passwd" DAV-upload admin
AuthUserFile "/Library/WebServer/davpass/.htdigest"

# Allow universal read-access, but writes are restricted
# to the admin user.
<RequireAny>
Require valid-user
</RequireAny>
</Directory>
以下は略

Re: Yosemiteでwebdav

From : moin @ 2017-01-26 22:59:09 編集 引用

ありがとうございました!
httpd.confの#削除〜httpd-dav.confの書き換え〜リスタートで無事マウントされました。先のお話の通り、indexは外さないとNGでした。色々、ありがとうございました。

最後に「WebDAVユーザー追加・削除」などは、PowerPC用スクリプトの書類をYosemite環境で保存しなおせば、現在の環境で使っても差し支えありませんか?

よろしくお願いします。

Re: Yosemiteでwebdav

From : namahage @ 2017-02-01 10:05:51 編集 引用

上手く言ったようでなによりです。ほっとしました。
httpd-dav.confの中身は、お使いの環境に合わせて、調整などをしてみると良いかと思います。

それと、「WebDAVユーザー追加・削除スクリプト」の中身もざっくりですが、確認してみました。
動作確認まではしていないのですが、内容的には問題なさそうですので、Intel版として保存すれば上手く使えると思います。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。