1 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 1 / 1

Mac OS X Server(10.7.x)でVPNサービスを利用できなかった問題について

From : namahage @ 2014-02-10 16:36:32 編集 引用

このサイトで扱うのはクライアント版のMac OS Xをサーバー化する情報ですが,ちょっと例外的にMac OS X Server版で起きていた問題について備忘録を残しておきます。

テスト機にMac OS X Server(Lion)をインストールし,基本的なサービスをテストしていたのですが,わたしがずいぶんと長い間,解決できずに悩んでいた問題が一つありました。
Mac OS X Serverが提供するVPNサービスの利用が出来ないというものです。

あるときまでは,問題なくするりと接続できていたものが,突然接続が出来なくなりました。
ネットワーク外から接続を試みても,ログにすら接続状況に関する情報が表示されないという,うんともすんとも言わない状況でした。

ドメインネームや証明書関係,ルーターのポートまわり,アカウントの設定,lauchdの設定,L2TPとPPTPの切り替え,パスワードの変更など,様々試してみたものの解決に至らず,半年ほど放置を決めこみました。Mac OS XのユーザーアカウントがそのままVPNユーザーのアカウントとして利用できるという管理の利便性の恩恵を得られないのは実に痛いなと,歯がゆいなと思っていたのですが,つい先日,ふと見かけた以下のサイトが,答えになり,問題の解決に至りました。

AirMac:NAT ポートからプライベートアドレスの L2TP VPN サーバへの AirMac ユーティリティを使ったマッピングが機能しない
http://support.apple.com/kb/HT3944?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

このサポート情報によると,どうも「どこでも My Mac」が有効か無効かに,原因があるようです。
わたしのテスト機のネットワーク環境は,光モデム下に,Time Capsuleがぶら下がっていました。
このTime Capsuleの「どこでも My Mac」を有効にしていると,その下にあるMac OS X Serverが提供するVPNサービスに接続が出来なくなると言うことのようです。

そうえば,ある日,ふとした思いつきで有効にしたことを思い出しました。
それがVPN接続が出来なくなった日と同じ日であったかは覚えていませんが,いま,この設定を無効にしたところ,VPN接続が可能になり,またサーバーのログに,接続があることを示すリアルタイムなログが記述されているところを見ると,原因はこれだったように思います。

ルーターのポートまわりの設定変更による問題解決の可能性もありますが,おおむね,この時点では,これが原因だったという結論にいます。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。