4 件のコメントがあります。

スパムブロック機能により、投稿が失敗することがあります。
うまくいかない場合は、一行目だけをまず投稿し、そのあと編集から残りを追記してみてください。

1 - 4 / 4

» Mac OS Xで遠隔操作環境を作ろう-Mac OS X10.5編-

LeopardからにPantherやTiger接続

From : とほりすがりん @ 2008-06-03 19:29:22 編集 引用

LeopardからにPantherやTiger接続したい場合は、やっぱり”Ckicken of the VNC”が必要なんですかね?

Re: LeopardからにPantherやTiger接続

From : namahage @ 2008-06-04 00:29:35 編集 引用

どうもこんにちは。

LeopardからPantherやTigerに接続する場合は、Chicken of VNCを利用しなくてもよいと思います。
接続したいマシンがLAN外にある場合は

/System/Library/CoreServices/画面共有

を起動して、アドレス、アカウント、パスワードを入力すれば接続できると思います。
ただ、接続される側のApple Remote Desktop Clientのバージョンが古いものだとうまく接続できない場合があるようです。
うまくいかないときは、適切なバージョンのアップデータを当てるとよいようです。

Re: LeopardからにPantherやTiger接続

From : たまちゃん @ 2008-09-08 22:03:00 編集 引用

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。

さて記事中の最後の部分で,ARD のポート番号について書いてあります。

http://support.apple.com/kb/TS1629?viewlocale=ja_JP

および

http://images.apple.com/jp/remotedesktop/pdf/ARD3_Admin_Guide.pdf

によれば,画面共有を行う場合は 5900番ポートも開放していないといけません。実際 Leopard 同士で画面共有を行った場合,5900番を開けていないと通信が行えませんでした(確認済み)。

誤解を招きかねない表現ですので,5900番の記述も加えた方がよいと思いました。

Re: LeopardからにPantherやTiger接続

From : namahage @ 2008-09-10 19:23:08 編集 引用

どうもこんにちは。

そうですね。他の環境でもテストしてみました。
5900も渡るようにしておかないと制御できないですね。
ログのほう修正してみました。

便利な機能なので、躓かないように誰でも使えるように備えておきたいなと思います。
iChatからの制御がまれにうまくいかないことがあったりするのが悩みどころです。
勝手に切れたりします。

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。