カテゴリー : SSL接続

このカテゴリーの登録数:3件 表示 : 1 - 3 / 3

Mac OS Xをメールサーバーにしよう-IMAP&POP3の設定-for Leopard

10.4と10.5対応

UWIMAP SetupPack icon

 Mac OS XでPostfixを有効にすると、メールサーバーとしてMacを使うことができるようになります。これは「Mac OS Xをメールサーバーにしよう-Postfix編-」でやりました。でもPostfixを有効にしただけだと、まだ普通のメールソフトをつかってメールの受信をすることはできません。これじゃあ、職場やサークルのみんなにメールアドレスを配って...なんてとうていムリです。ここではメール受信プロトコルのPOP3とIMAPをUW IMAPからインストールして、普通のメールソフトでも送受信ができるように設定をしていきます。

もっと読む...

パーソナルWeb共有をhttps接続できるようにしよう

Panther tiger

 オンラインショップや個人情報を登録するようなページを訪れたとき、URLがhttp://じゃなくて、https://に変わるときがあったりします。よく見るとブラウザのはじっこの方には「錠前」のマークが表示されていたり、「このページは暗号化で保護されています」なんてでていたりするわけです。ここではMac OS XのパーソナルWeb共有でも、こうした安全なデータのやりとりができるように設定する方法を考えていきたいと思います。

もっと読む...

Mac OS Xをメールサーバーにしよう-SSL接続編-

Panther tiger

 ここまでおこなってきたメールサーバーの設定では、メールソフトで使用するパスワードとMac OS Xを使うためのパスワードは同じものを使用しています。ですから、もし、このパスワードがメール送受信中に盗まれてしまうと、Macのホームフォルダやシステムなどに侵入され、大事なデータが失われたり、システムが悪用されてしまう可能性が高くなります。ここではサーバーへ安全に接続することができるSSL経由での認証を実現してみます。


もっと読む...