カテゴリー : メール環境

このカテゴリーの登録数:11件 表示 : 8 - 11 / 11

Mac OS XでWebmailサービスをつくろう

Panther tiger



 Yahoo!さんやinfoseekさんなどで提供されているWebmailサービスというのがあります。これはインターネットができる環境とWebブラウザがあれば、どこにいても同じ環境でメールの送受信ができるというサービスです。最近では書類の保存機能やスケジュール管理、ブックマークに、メモ機能まで搭載され、とても充実したサービスになっています。この機能がMac OS Xでも作れたら、自宅でも職場でも、出先でも便利だろうナァと思うわけです。画面をはばかる重たい広告もスパムめいたメールもこないしなぁ、なんて。

 オープンソースウェアとして開発されているSquirrelMailをインストールすれば、この便利なサービスをMacOSX(Panther)でも実現することができます。ここではMac OS X(Panther)にSquirrelMailをインストールして、Webmail環境を実現する方法を考えていきます。

もっと読む...

Mac OS Xをメールサーバーにしよう-SSL接続編-

Panther tiger

 ここまでおこなってきたメールサーバーの設定では、メールソフトで使用するパスワードとMac OS Xを使うためのパスワードは同じものを使用しています。ですから、もし、このパスワードがメール送受信中に盗まれてしまうと、Macのホームフォルダやシステムなどに侵入され、大事なデータが失われたり、システムが悪用されてしまう可能性が高くなります。ここではサーバーへ安全に接続することができるSSL経由での認証を実現してみます。


もっと読む...

Mac OS Xをメールサーバーにしよう-POP3 & IMAP編-

Panther tiger

 Mac OS XでPostfixを有効にすると、メールサーバーとしてMacを使うことができるようになります。これは「Mac OS Xをメールサーバーにしよう-Postfix編-」でやりました。でもPostfixを有効にしただけだと、まだ普通のメールソフトをつかってメールの受信をすることはできません。これじゃあ、職場やサークルのみんなにメールアドレスを配って...なんてとうていムリです。ここではメール受信プロトコルのPOP3とIMAPをUW IMAPからインストールして、普通のメールソフトでも送受信ができるように設定をしていきます。

もっと読む...

Mac OS Xをメールサーバーにしよう-Postfix編-

Panther tiger


 職場のスタッフにそれぞれメールアドレスを配布できたらナァ、とか、社内メール専用アドレスが欲しいなぁとか、サークルのメンバーで使うアドレスが欲しいなぁなんて思うこともあるわけです。Mac OS X(Panther以上)にはメールサーバーソフトウェアとして、はじめからPostfixという優れたソフトがインストールされています。ここではMac OS XでPostfixを有効にして、職場に素敵なメール環境をつくっていくための方法を考えます。安全のためSSLでの接続を前提にすすめていきましょう。

もっと読む...