Jun 13, 2017

夏の学習交流会2017 in 台湾

ポスト @ 18:37:07 | お知らせ,交流会 |

夏交流会チラシ台湾表 夏交流会チラシ台湾裏

台湾にいきたいわん!
台灣。 日本に学び始まった、まだ生まれたての産直が、熱い。
産直第一世代の姿が台湾にはある。私たちの産直は何を求め、繋げ、なそうとしてたか、その原点を見にいこう。

 工業発展の中心にある台湾。高度経済成長期の日本と同じく、農村の労働力は都会に注ぎ込まれ、農業は逆風にある。輸入食品が押し寄せ、穀物自給率は26%程度と低いことも、日本と重なる。農民の権利と土地が奪われ、買いたたき、後継者不足など、日本でも聞く言葉が、台湾の農村にも溢れている。

 農村に活気とあるべき人の姿をと、いま台湾では私たちにとって、なじみ深い、あの取り組みが脚光を浴び、大きな産声を上げている。そう、生産者と消費者、農村と都会を結ぶ「産直運動」だ。日本では、かつて、若く志溢れる農民たちが、安全、安心の産直野菜と農村の情熱を届けようと手を結び、展開した。産直第一世代の運動は、日本の農を象徴する取り組みとして世界中から高く評価された。またその屋台骨を支えるために生まれた集荷発送施設は、各地にある古参の産直センターとなっていった。

 日本で産直が生まれ、はや50年。中心は産直第二世代に引き継がれた。この時代、産直は、単なる農業のビジネスモデルの一つとして扱われ、本来の意義も見失われつつあるのではないか。いま、日本に学び、産直そして半農半Xに取り組む台湾。ここには、あの頃の産直第一世代の姿がある。産直は何を求め、繋げ、なそうとしていたか、その原点を見に、そして農業の持つ力、農民と消費者、農村と都会を結ぶ取り組みの息吹を体験しにいこう。台湾の仲間、台湾農村陣線が受けいれてくれます。

 国際連携が可能な農民連青年部だからこそできる、本当に力になる海外学習ツアー。 台湾の取り組みを知れば、自分の農業を熱く語る自信が持てるはずだ。

開催日程

7/31(月)
 桃園国際空港集合。宜蘭市へ。
 農家民泊と現地青年農家と交流

8/1(火)
 現地視察1:「有田有米の取り組み」
 現地視察2:「土拉客農園」
 交流Talk:台日二代目農家の交流
 
農村探索:「宜蘭に日本時代をみる」

 交流Talk:半農半Xの連携

8/2(水)
 交流Talk:小農と地域年寄農家の連携
 午後:農村暮らしの小さな旅

集合場所

  • 台湾桃園国際空港に15:00集合。
  • No. 9, Hangzhan S Rd, Dayuan District, Taoyuan City, 台湾 33758(地図
  • *なお、台湾を往復するための航空券は、各自で確保をしてください。

参加費

  • 全日程
  • 30,000円
  • 申し込み締め切りは7月30日です。
  • 台湾を往復する航空券代は含まれません。自身で確保してください。バニラエア、ピーチエアなどが格安で使いやすいです。
  • よくわからない、自分ではとれない場合は、農民連青年部事務局にすぐに連絡ください。こちらで手配することも可能です。
  • 成田から出発できる人の場合は、6月15日迄に連絡をもらえれば団体割引での手配ができる可能性があります。
  • 成田で前泊、後泊が必要な場合、無料の宿泊場所を手配できます
  • パスポートは、発行に2週間程かかります。持っていない人は今すぐ発行に取り組んでください。

問い合わせ


申し込み

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://earlybirds.ddo.jp/earlybirds/norablog/trackback/tb.php?id=532
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment

No Comments

Post Your Comment


(Smile) (Wink) (Laugh) (Foot in mouth) (Frown) (Gasp) (Cool) (Tongue)

*は入力必須です。E-Mailは公開されません。