トップイメージ

単一成分分析コース


検査概要と分析費用について

lcmsms

 残留農薬一斉分析コースでは約400成分について検査対応をしていますが、この成分に該当しない農薬などについて、検査を希望される場合は、こちらのコースをご利用ください。また、単一成分分析で指定した方が、料金が安くなる成分もあります。

 なお、ご希望される農薬成分(またサンプルのタイプ)が、検査可能な成分かを事前に確認する必要があります。お手数ですが、単一成分分析を希望される成分について、事前にメールまたはお電話にて問い合わせ下さい。

 また農薬の成分名と商品名は混乱してしまう場合が多いので、細かい文字が読みにくい、よくわからない時には、検査希望をされる農薬のリストをこちらにFAX(03-3959-5660)またはメールでお送りいただければ、対応状況についてご回答いたします。

 試料受領後、7〜20日間程度で、分析報告書がお手元に届きます。お急ぎの場合は、お電話にてご相談ください。試料到着後、2~3日程度で、速報をお伝えすることも可能です。

 分析費用は、検査終了後、郵便払込または銀行振込でのお支払いとなります。分析報告書と同封で送られる請求書の金額をお支払いください。なお、募金の同時払い込みも歓迎しております。

区分 1検体あたりの価格
農民連会員(?) 5,000円〜(税別)
募金協力会員(?) 7,500円〜(税別)
一般価格(?) 10,000円〜(税別)

*消費税別、検査費用の払込手数料はご負担ください。私たちの施設は、募金により設立されています。活動の趣旨をご理解のうえ、ご利用と応援をお願いいたします。

よくある問い合わせ

サンプル量はどのぐらい必要ですか?

 検査に必要なサンプル量は、原則1kgとしていますが、一般的な農作物の場合、最小パッケージ相当の200g前後から対応しています。

サンプルをたくさん用意することができないんですが...

 大葉やゴマ、濃縮エキス、乾燥野菜パウダーなどのようにサンプル量を確保するのが難しい場合は、ご相談ください。こちらで作業の調整を行い、少量からの検査に対応できるように致します。

加工食品もできますか?

 一般的な加工食品の検査に対応しています。私たちの検査品のかなりのものが加工食品です。お気軽にご相談ください。(エタノール抽出エキスなどは困難な場合があります)

検査が終わったあと、検査に送った土壌サンプルが戻ってきたのですが?

 土壌、堆肥、原木などのサンプルは、私たちの試験施設の保管場所に制限があること、東京都内での処理や廃棄が難しいことなどの事情があり、申し訳ありませんが、保管期間を終了後、ご依頼者様に着払いで戻させていただいております。どうぞご了承ください。

単一成分分析の場合、結果が出るまでどのぐらいかかりますか?

 単一成分分析については、成分の種類によっては時間が必要になるものがあります。お手元に報告書・成績書が届くまで20営業日程度となる場合があることをご理解ください。目安となる納期は、事前にお問い合わせいただけますと助かります。

とにかく急いで結果が欲しいのですが...

 営利目的で、特にお急ぎの場合は、特急検査コースがありますので、ご相談ください。

分析依頼をしたいのですがどうすればよいですか?

 まず、03-5926-5131までお電話ください。打ち合わせなしで、試料を送られた場合は、混み合っているなどの理由で検査ができないことがあります。受け入れ打ち合わせ後、分析依頼書(リンク)に必要事項を書いて頂き、FAX(03-3959-5660)にてご送付ください。資料送付の際は、その分析依頼書を同封して送ってください。

分析依頼書

*PDF形式ファイルです

 

困ったときは

まず以下までお電話をください。お話を伺い、私達で解決できるかどうか相談に乗らせていただきます。お近くの方は直接こちらまでお越しください。受付で入館許可申請後、お話を伺いします。

農民連食品分析センター
TEL:03-5926-5131
FAX:03-3959-5660
Email power8@nouminren.ne.jp